*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2019年11月03日

抽選の人数から思う


天皇陛下の御即位を祝う国民祭典の

抽選の希望が47万人以上って、凄いですね


舞台前のスペースでご招待が3万名様のようです

通常の参加1万名の枠に当選する為の

倍率もさることながら


武道館のキャパが1万4千人ぐらいなので

ご希望の参加者の皆さんを、全部収容しようとしたら


御即位全国ツアー2019 〜令和〜

全国各地で40公演〜50公演ぐらい

移動とリハも入れて、この1ヶ月半の期間では

回り切れない、ツアー・スケジュールですね


もはや規模が違います

Satomi
タグ:event
posted by satomi at 00:00| Comment(0) | 日記

2019年11月02日

道順の迷路


演奏をする関係者は、裏動線から会場入りしないといけません


どういったお仕事先であっても

楽屋口、関係者入口など、守衛さんがいるような所を

入館していくのですが


広くて複雑な施設だったりすると

まったく初めてでお伺いする際に

道順が複雑すぎて、ふと悩む事もあります


この扉を開けて、次の角のEVに乗って

降りたらこの扉を右に出て、三つ目を左に出て

大きな扉の鍵を開けて・・・(延々と続く)


みたいな、ほとんど「冒険」ですか?

と言いたげな、迷路のような施設もあります


エレベーターが12基とかあって

違うのに乗ったら、全然違うところに行ってしまうとか

1階だったはずが、連結の途中から3階になっているとか


「この扉を開けて、こちらに向かって」という

通路で右左と移動していく扉も

目的地に着くまでに、15枚

(つまり15か所)とかあったりして(笑)


逐次、それを正しく通過して行かないと、違う場所に着きます


自分の行きたい楽屋とか控室に

たどり着かない事件が起こりますから

それらを完璧に、全部覚えなくてはいけません


何度もお伺いするような所なら、どんなに複雑でも

覚えますが

初回が、なかなか鬼門です


歩きながら、ここに何があってという

目標になるもの、階数や景色をしっかりと覚えておきます


ヘンゼルとグレーテルのように

パン屑を道に落として、帰りの目印にして・・・

なんて出来ませんからねもうやだ〜(悲しい顔)


ここでは、小鳥がパンを食べて無くなってしまうのではなく

会場の清掃スタッフさんが、速やかに回収していきます

Satomi
タグ:Talk
posted by satomi at 00:00| Comment(0) | 活動報告

2019年11月01日

ホールの場所


コンサートのフライヤーに添付してある地図や

簡易的なホール案内の地図などは

簡略化されているので、初めて行く場合は

本当にこれで大丈夫?と思うこともあります


あくまでプライベートで

知人のコンサートを聴きにお伺いするのに


もともと予定的に、時間がちょっとタイトで

開演には間に合うかな・・・という位で向かったのですが

まんまと、ホールが見つからずに

タイムアップで、タクシーを使いましたあせあせ(飛び散る汗)


通常、お仕事ならリハもありますから

さらに早く行きますので、そういう事はまず無いですが


一瞬よぎったのは

もし、これがお仕事だったら大変なことだと思いながら

プライベートだと思って、完全に油断しているとこれだと

見通しの甘さを反省していました


DSCF7297.JPG


ちょうど、演奏のお仕事でご一緒する

音楽関係の方達にもお会いして

会場からの帰り道も、楽しくお喋りしながら帰って来ました


すると、聞けばお二人とも一時間前に早く着いていたのに

駅の反対側にある別のホールに

行ってしまったらしく(笑)


ここでも「仕事じゃないからって油断してるから、もー」

と、同じようなお話になりました


まあ、遅れてしまったとして

お客様で来ている自己責任になりますしね


そこは、もう自分でプログラムを拝見して

自分で曲のタイミングを見ながら

曲間で、さっと入って近くの空席に座れば良いので


係員の指示を必死に頼りにする必要もなく

むしろこちらの方が、曲のタイミングを熟知しています


場内に入った時に、もし次の曲が始まってしまうようなら

一時的に扉の前の空間で立ち見をさせてもらって

その間に、暗がりの中から空いていそうな席の目星を付け


次の曲終わりの瞬間に、お客様方の拍手の音に紛れて

移動して着席すれば良いので

全部、セルフでいけます


問題は、ちゃんと自分でも会場を調べておなかないとダメですね

そっちです

Satomi
タグ:Talk
posted by satomi at 00:00| Comment(0) | 日記