*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2019年05月03日

肺活量


バリトンの歌い手さんと話していて

健康診断のことから、肺活量の話題になりました


だいたい、男性で3000〜4000ml

女性だと2000〜3500mlというのが

ごく一般の平均のようです


歌い手さんは、胸郭(きょうかく)を開いて

横隔膜を上手にコントロールする術を

身に付けていらっしゃるので

一般的な数値より、2割は肺活量が多いようです



DSCF7144.JPG


「俺、肺活量を測ったら、6900mlあった(笑)」

それって、女性2人分の肺活量ありますよ!

と言って、笑っていたら


計測して下さった呼吸器のお医者様より一言


『・・・潜水士ですね』

と言われたそうな


潜水士の資質認定で

次回、プロフィールに書けますよリゾート

Satomi
タグ:Singer
posted by satomi at 01:00| Comment(0) | 活動報告

マッスル


演奏家の皆さんは、最近は特に

演奏だけでなく見た目も、素敵な方が多いので


演奏のレベル+見た目のレベルも

お仕事を頂く上での、かなり重要なファクターであるのが

いつもながら良く分かります


男性でも、スタイルが良くて

しかも適度に体を鍛えていらしゃる方も多いので

普通に衣装を着て立っている姿だけでも

スラッとしていて格好が良く、絵になりますね


某、演奏家さんも

「舞台に出て来た姿を見るだけで

(全く音を出さなくても)その人が上手いか下手かなんて

すぐに分かるよ」

と、そよ風のように話していましたが


・・・色々な意味で、その通りです


DSCF7206 (2).JPG


ある男性ピアニストさんと、そんな話になって

一定の年齢になってくると

お腹周りなどに、少しずつ変化が表れてくるものですが?


ご自身で、「たるんだお腹は絶対に許せない」

と、ある時期から筋トレに励み始めたそうです


とてもスタイルが良くイケメンな方なので

スリムに筋肉を鍛えているような感じだと思いますが


お腹をシックスパックにするには

体脂肪率を10%以下にしないといけないので

割と大変だと教えて下さいました


一日、約2時間は鍛えているそうです

(基本的に長時間の練習をする楽器の奏者は

それを別の事にも熱心に応用できるので

ストイックにやっていらして頭が下がります)


ふと気になって

“ところで、ガツガツに筋トレして

ピアノの演奏に(演奏に関わる感触として)

何か直接的に良くなった効果とか、ある?”


と聞いてみたところ

小さな間があり


「うん

・・・

特に無いかなわーい(嬉しい顔)


そこは、どこまでも純粋な筋トレだったんだ(笑)

Satomi
タグ:Piano
posted by satomi at 01:00| Comment(0) | 活動報告

2019年05月02日

お花のコスパ


自宅の花壇などは、思うに管理している自分以外の方達が

日々、熱心に見て感想をお持ちなのかもしれないですね

コメントを良く頂きます


それこそ、ご近所の新築住宅の

表に出ている建築詳細の看板までをも、通りかかる方は

時間をかけて熟読しているのを見るにつけ


知らない間に、こんなに熱心にチェックされているのだなと

ただそれが、その場に遭遇していない為

肝心な家の人だけが、何も知らないのかもと思います

DSCF7086 (2).JPG

(Hawaii)

10月に、チューリップの球根を植えていました

色々な種類がミックスで入っていますよと言う

軽く闇鍋のような球根セットを出来心で買ったので


チューリップは、小学校1年の時に育てたかも?

という程度の記憶しかありません

当然、授業で植えただけで、水やりはマメな用務員さんの所轄です


こんなに秋口に、球根を植えておかなくてはならないのねと

切り花ばかりだと、ちょっと新鮮でした


半年かけて、やっと芽が出て

小さく蕾が上がって来たから、そのうち咲くなと

そう思った、記憶だけで留まり


日々、忙しいのでろくに花を見ることもないまま

しかも不在にしている日もありますし

水やりも深夜に戻ってからで真っ暗で

すぐに花期が終わって早くも散っていました


ところで、どの球根が何色の花だったのかも

お陰様でろくに確認できないで、残るのは

半年水をあげて来たという自己の小さな努力のみあせあせ(飛び散る汗)


闇鍋のままそのうち球根を掘り上げて

また闇鍋のまま、秋に植え付けて

来年の春にタイミングが良ければ確認できる方向になりました


その前に、自分で鑑賞できないのは

何の為に植えたのか、良く分からないことになるので

もっと、花が次々に長期間咲き続ける種類でないと

私には向かないのが分かります


一発勝負の花だと、こういう事になるんですね


通り掛かった方達だけが、花の色を知る

このコスパの微妙さ・・・

Satomi
タグ:Flower
posted by satomi at 01:00| Comment(0) | 日記