*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2019年05月06日

交信ヘルツ


植物も、お互いに交信して

必要なコミュニケーションを取っているそうで


虫に食われると、SOS信号で他の植物にも知らせて

美味しくない成分だったり

捕食する動物の毒になる成分を出したり


天敵に当たる昆虫や鳥などを呼んで

自分達を守るそうですね


DSCF7153.JPG


種類によって、きっと音には違いがあると思いますが

根っこで交信する時に音を出すらしく

(トウモロコシ?)

それが、220Hzという調査結果があるようです


と言う事は、トウモロコシは

「ラ」で交信・・・?


きっと「ラ」を沢山聴かせると、成長促進ですね

収穫量のアップに、毎日執拗なチューニングを!

(※220Hz:オクターブ下のラ)

Satomi
タグ:Green
posted by satomi at 00:00| Comment(0) | 日記

2019年05月05日

魅力の発露


同じように質の高い世界でしのぎを削っている

非常に素晴らしい演奏を繰り広げる音楽家が

複数、集まってそれぞれに演奏する場面は

暗黙の比較が起こります


それこそ本気で演奏会に向かわないと

演奏の内容も、資質も、在り方そのものから

全てを等しく比較されてしまいます


もしそこで聴き手からの好感度の高い定評を取れないと

その先も無くなってしまいますので


プログラムや表現そのものは各自の任意であっても

自身の得意な世界観を、余すところなく表現できないと

次が無くなる分、ハードルが高くなります


また、そうして本気で取り組む舞台は

プラスの面では、研ぎ澄まされた真剣さから

素晴らしい瞬間が多く生まれてきます


喝采を受けるのか、それともブーイングを受けるのか


紙一重の場所で、音楽表現を紡いでいきます


(上手いとその場でブーイングが起こることは稀ですが

つまんないね、とか印象が薄いね、など

切り捨てられてしまうのが常です)


DSCF7082.JPG


その本質の発露が、突き詰めて純度の高いものになってくると

まるで異次元の世界に誘われるような

どこか超越的な場所に聴き手を引っ張っていく

大きな力があります


日常的に頭に浮かぶ思考が一切消えてしまうほどに

集中して音楽の中に惹き込んで行く力は


一流であるほどに、強く、安定的に、確かに

それも次元の違うエネルギーで引っ張って行きます


聴き手を恍惚とさせる

音楽性も完成されたテクニックも

その個人の最も得意な世界の描き方も


全てが魅力的で、だから人々が愛し

心を掴んでいくものなのだなと思います


そして、他の同じ音楽家には出せない

オリジナルの一番素晴らしい世界の表現を

大きく広げて空間の隅々まで行き渡らせているのは

素敵だなと感じますね

Satomi
タグ:Concert
posted by satomi at 00:00| Comment(0) | 活動報告

2019年05月04日

小さな習慣から


だいぶ前に付き人をしてくれていた、打楽器専攻のつだっちも

気が付けば、大会に出て賞を取るまでの体力と技能を身に付けて

指先だけの力で小さな岩をつかんで登って行く競技

(インドア・クライミングになるのでしょうか)

こちらのインストラクターにまで変貌を遂げていましたが


お初でご一緒した、Kくんも

クライミングをなさっているそうでした


きっと体脂肪率が数パーセントなんだろうなと思う

とても健康的な肉体美を誇り?

ロビーの壁沿いにある、デザインの突起を見ながら


“もしかしたら、この位の小さな出っ張りがあったら

何mでも登って行けるの?”とお聞きすると

「これだけ指がかかれば、かなり楽な方ですねわーい(嬉しい顔)

と笑顔で爽やかにお答えになる20代前半(笑)


すごい・・・


私は片手だけで掴んで、全体重をしばらく支えるとか

出来ないですからね


反り立った状態の所を登るのも想像がつかないですし

木に登って降りて来られない猫のようになるか


または救急隊のオファーを出しておかないと

普通に事故る気しかしませんね

(しかもビルを登るような高さです)



DSCF7087.JPG


気が付いた事があって

Kくんは、小さな休憩の時間なども


少しでも自由な時間があれば

何かしら自重トレーニング的な事をしていました


それが、たとえ5分であっても

蓄積していったら凄いことで


さらに深夜のジム通いも日常的にされているようなので

あの姿を拝見して、その細かな時間も無駄なく

トレーニングに勤しんでいるご様子を見て思ったのは


やっぱり、ローマは一日にして成らずなのだなと言う事でした

(そして子供の頃からなさって来た柔道は、黒帯だそうです)


たぶん、何にでも成れる気がします

Satomi
タグ:mens
posted by satomi at 01:00| Comment(0) | 活動報告