*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2020年07月08日

オリンピック延期と施設


一年後の開催を目安に延期し、また改めて

カウントダウンの時計を作動し始めた東京オリンピックです

問題が山積していて、変わらず雲行き怪しげですね〜あせあせ(飛び散る汗)


専門の施設の建設だけでなく、会場として多くの施設を借りています

すでに今年の予定がキャンセルになった段階で

それらの貸し出ししていた施設は、浮きになりました


これがなかなか大変で

大掛かりな施設の、数ヶ月分の予約をカバーしたくとも

直近で募集しても、まるで厳しいものがあります


ごく一区分でも100〜200万の貸し出しです

もともと資金力のある企業さんだったり団体・協会さんなど

かなり早い段階から計画的にご準備して成り立ちます


突然、ガッツリ会場が空きました!

となると、借りられるだけの財力と企画力・集客力のある

重要なご準備の部分が、どうしても間に合いませんから

どうにもなりませんふらふら


DSCF8775.JPG


飲み会で友人知人を数十人集めるように、気軽には行きませんから

動員が少なくとも数千人から数万人

多ければ数十万を見込んで準備するものです


かなり事前に広告を打っておかないといけなくて

しかも、それだけの動員を保ちかつ楽しませる

或いはビジネス上のプラスになる内容を提供して

利益をあげないといけません


現地に足を運んで頂くのは

ピンポイントの日時にお祭りを開催するような事です


人が動けば、それに伴って周りの多くの飲食店や

ショッピング関連の施設にも恩恵があります

連動して、楽しかった、嬉しかった、美味しかった

そしてお買い物もできた、がセットになりますね


大きく回していくのは大変な事なので

安全と健康を守る上で、延期は当然ながら仕方のない事ですが

奈落のように大穴のあいたキャンセルは罪作りです

個人どころか、経営者でも今は大きい催事は出来ず動けないですね


そして来年もキャンセル(中止)になると

行く行くは、二度目の大穴の再来になります


数千万の設備料金を、軽くポンと出せるような企業さんは

今やほとんど無いと思いますから

深刻な浮き問題の再来も、また同じ時期に起こるかもしれません

悩ましいです

Satomi
タグ:Talk
posted by satomi at 00:00| Comment(0) | 活動報告

2020年06月14日

雨の空と打ち合わせ


お打ち合わせで、先方様のオフィスのある方まで出向きました

ここで演奏する訳ではないので

今後の対策を含め、お打ち合わせをするだけ(話をするだけ)なのに

費用を準備して下さっているので、逆に心配になります


と言うのも、自粛中にそこで準備をなさっていた

夏の企画まで中止になって(入金が見込めない)


どうにも会場で本番が出来ないだけでなく

春の一連のコンサートイベントの大幅な中止で

莫大な負債を抱え、それを補填してなおのことです


公演前にかかった広告宣伝費、各種デザインと印刷費

大量のフライヤー発送の送料・通信費と人件費

会場を借りた上のキャンセル費、お客様への払い戻しの手数料・人件費

(あとは通常のオフィスの固定費や、社員さんのお給料など)


入金が無いのに、それらを全部を負わなくてはなりません

まず存続を心配してしまいます



DSCF7279.JPG


在り方が分れる時期です

自分がとんでもない傷を負っていながら

それでも仲間や、音楽関係者や、お客様に被害が及ばないよう

負担を自らが背負い、守ろうとするスタンスの方


そして同時に見受けられる、対極的な在り方は

関わる人に被害を負わせて、自分は利益を取るスタンスの方

自分の利益にのみ忠実で、周りを巻き込んで

ある種、騙しやゆすり・たかりを当たり前のように行う姿


その人の持つ「本質」が

ぱっくりと分かれて、表れています


両極端な人間を見ます


雨の空に歩みを進めながら、憂います

Satomi
タグ:Talk
posted by satomi at 00:00| Comment(0) | 活動報告

2020年06月08日

フェイスシールド


相変わらず入場人数の相当な制限や、間隔を空けてご着席頂くとか

演奏側も制約があってアンサンブルなのに異常に遠いとか(笑)


マスク着用演奏は、きっと慣れてしまった演奏者さんも

いらっしゃるとは思いますが

私は息苦しいので、とにかく可能な限り避けたいです


演奏するのに、ブレスを取ります

深く吸えなくなるのと、吸気の際にどうしても圧力がかかって

マスクの特性上、それは肺に負担もかかるので


いやもうとにかく、息が深く吸えないから

弾きにくいことありゃしない状態で

可能な限り避けたいですし、OKを頂けたら避けています


DSC_0646.jpg


声楽家さんは、声を出しますからマスクは出来ないので

代わりにフェイスシールド着用


・・・って、ビジュアルが何かの戦隊ものみたいに感じます

これから宇宙の敵と戦うのかも

Satomi
タグ:Singer
posted by satomi at 00:00| Comment(0) | 活動報告