*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2019年11月12日

次元


演奏をするにあたっても

高い次元での領域で、演奏を行っているかどうかは

その全てから滲みだしているもので分かりやすいです


同じように、他の舞台芸術や

もっとアートの世界のことであっても


その創作者が今、高い次元に居る状態で

各々の表現をしているかどうか

当たり前のように、伝わって来ます


感動させること、また創作物を通して

電流のように伝わってくる強いメッセージは

発信者が俗物の状態で伝える事は出来ず


常に超越した世界まで、高みに上がっていないと

表現する事ができません


DSCF7322.JPG


そして、多くは雑音に満ちた低い場所から

全てを消滅させて、昇華された界隈まで上がってきた時に


どこまでも澄み切った表現の神々しい何かを

それぞれの語法で語っているものは

ひどく人を感動させる力があります


「魅入る」ような状態を作ります


音楽だけでなく広く芸術に触れなさいというのも

どの業界でも、卓越した次元で語る方達がいらっしゃり

そこから溢れるようなメッセージ


ほとんど「生きることとは何か」というのを

強烈に伝えられる表現に出会います


素晴らしいです

Satomi
タグ:word
posted by satomi at 00:00| Comment(0) | 活動報告

2019年11月08日

SHRコンサート


武蔵野をご卒業された、ずっと先輩方にあたる

声楽の皆さんのコンサートにお伺いして来ましたかわいい


聞けば、ご卒業してからそれぞれのご縁でお会いしたり

学生時代から仲の良かったメンバーもいらっしゃったりで

声楽家が3名、ピアニストが2名で構成されていて


それぞれのプログラムを分けながら

衣装も楽しみながらのコンサートでした


DSCF7306.JPG


SHRってお名前は、意味は何だろうと思っていたら

御活動をまたいでいる時代の頭文字で

昭和・平成・令和だそうです(笑)


歌い手さんの舞台姿の何が素敵かというと

とにかく、大輪の花がステージにパッ!と咲いたような

豪華絢爛なドレス姿が、映えていらっしゃる所です


色味も、まさにそこに咲き誇るような

華麗でカラフルで、目を惹くお色が中心です


ベルラインのドレスのデザインも

たっぷりと布が使われていて

どこぞやの名門貴族のお屋敷に

舞踏会に来たような、華やかさです

そこが良いなと思いますね


お声掛け下さったOさんも

後半はゴージャスなサーモンピンクのドレスに

輝くような笑顔を添えて、ご挨拶して下さいました


ピアニストの皆さんも、是非同じようにボリュームのある

カラフルで素敵なゴージャスなドレスを

お召しになればと思いますね


舞台に出た瞬間に、観客を一瞬で釘付けにするような

華のある姿だったり、オーラがある雰囲気は

(そう説明なさる方もいますが)

オペラでなくとも、他の舞台であっても

演奏者として、必須の要素のひとつではないかと思います


美しいものは、それだけで人を明るく幸せになせる効果もあります

Satomi
タグ:Singer
posted by satomi at 00:00| Comment(0) | 活動報告

2019年11月02日

道順の迷路


演奏をする関係者は、裏動線から会場入りしないといけません


どういったお仕事先であっても

楽屋口、関係者入口など、守衛さんがいるような所を

入館していくのですが


広くて複雑な施設だったりすると

まったく初めてでお伺いする際に

道順が複雑すぎて、ふと悩む事もあります


この扉を開けて、次の角のEVに乗って

降りたらこの扉を右に出て、三つ目を左に出て

大きな扉の鍵を開けて・・・(延々と続く)


みたいな、ほとんど「冒険」ですか?

と言いたげな、迷路のような施設もあります


エレベーターが12基とかあって

違うのに乗ったら、全然違うところに行ってしまうとか

1階だったはずが、連結の途中から3階になっているとか


「この扉を開けて、こちらに向かって」という

通路で右左と移動していく扉も

目的地に着くまでに、15枚

(つまり15か所)とかあったりして(笑)


逐次、それを正しく通過して行かないと、違う場所に着きます


自分の行きたい楽屋とか控室に

たどり着かない事件が起こりますから

それらを完璧に、全部覚えなくてはいけません


何度もお伺いするような所なら、どんなに複雑でも

覚えますが

初回が、なかなか鬼門です


歩きながら、ここに何があってという

目標になるもの、階数や景色をしっかりと覚えておきます


ヘンゼルとグレーテルのように

パン屑を道に落として、帰りの目印にして・・・

なんて出来ませんからねもうやだ〜(悲しい顔)


ここでは、小鳥がパンを食べて無くなってしまうのではなく

会場の清掃スタッフさんが、速やかに回収していきます

Satomi
タグ:Talk
posted by satomi at 00:00| Comment(0) | 活動報告