*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2010年11月12日

伊藤さとみ バイオグラフィー



Satomi Ito.jpg

【撮影:SSTab 加藤純】



武蔵野音楽大学ピアノ科卒業。


ピアノをコッホ幸子に師事。

チェンバロを佐野美友子、通奏低音を芝崎久美子の各氏に師事。


ベ―ゼンドルファ―の公開レッスンでは、

ウィーン国立音大教授 アレキサンダー・イエンナ―氏に師事。



声楽研究会「静の会」にて、日本歌曲の伴奏ピアニスト

塚田佳男氏の公開レッスンを受講。

2000年より2006年まで、同研究会において

声楽家会員のコレペティトゥ―アを務める。


声楽家 田口たみ氏のコンサートにて、

作曲家 平井秀明氏(祖父は日本歌曲の作曲家 平井康三郎氏)の

新作の作品を演奏し、平井秀明氏より楽曲分析や音楽的表現への

細部にわたる丁寧な助言を受ける。



2005年より2010年まで、

琴古流尺八奏者 岡本樹憧氏の専属ピアニストとして、

東京でのコンサート活動の他、島根県浜田市の

文化芸術振興の音楽活動にも参加した。


ジャズピアニスト田村博氏より、アレンジのアドバイスを受ける。



Satomi Ito.jpg

【撮影:SSTab 加藤純】



ソロ活動では、ピアノリサイタルをはじめ

サロン・コンサートや各地でのイベントや招待演奏、ブライダルでの演奏

またパイプオルガンのオルガニストとしても演奏活動を行う。



これまでにリサイタルや各種コンサートで、

千数百人にわたるソリストの共演ピアニストとして、

あらゆるジャンルの、管弦打楽器奏者や声楽家などの伴奏を行い、

その精力的な活動は好評を博している。



ユーモアと魅力あふれるトークは定評があり、

噺家 三遊亭栄楽氏より賞賛を頂く。



朗読では、朗読家 能祖将夫氏の指導のもと、

ジャズピアニスト佐山雅弘氏

クラッシックピアニスト白石光隆氏と共に、

2台ピアノと朗読のセッションによる動物の謝肉祭(全曲)の公演に出演。



2010年・2011年のリサイタルでは

作曲家、村松崇継氏の作品の特集を行い、

セッション・ドラマー増田博之、

ベーシスト田村直也各氏との共演が好評を博す。



NLPプラクティショナー資格を取得。

心理学のスキルを活かした、音楽関係者へのカウンセリングや、


独自のコンサートの企画・運営のノウハウを生かし、

若い演奏家の、リサイタル開催のコンサルタント、

演奏活動、プロとして仕事を取る為の基礎講義などの

コーチングも行う。



2009年より2016年まで

デザイナー・アートディレクター中川英光氏と提携し

「感動を生む魅力的なデザイン」をコンセプトに

リサイタルのフライヤーデザインにも力を入れる


その後も、各デザイナーとの綿密な打ち合わせのもと

フライヤーそのものが広告媒体としての消費ではなく

心を動かすデザイナーの作品として価値を生み出せるよう

ディレクションを行う。



ベーゼン4.jpg



2015年より、ベーゼンドルファーを入れたサロンをオープンする。

佐藤氏製作のスピネット(小型チェンバロ)も導入する。

ピアノの全国紙、「ショパン」にも掲載。


施工は三井ホーム、設計は森あゆみ氏、デザイナーは松澤京子氏

音響はアコースティック・デザインシステム。


年間約2000曲にわたる演奏のオファーをこなしながら

自己プロデュースによる、サロンでのリサイタル公演を行う。


サロンではクラシカルな内装と、

上質で豊かな響きに包まれる音響空間として

「夢のような時間」を過ごして頂けるような企画・公演を進めている。


また、アコースティック・デザインシステムの

モデルハウスとしても

音楽関係者の新規の見学を随時受け付けていて

イベント等も開催している。




Satomi Ito.jpg

【撮影:SSTab 加藤純】


posted by satomi at 18:26| Comment(0) | バイオグラフィー