*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2011年10月31日

舞台裏の共感


打楽器奏者の日比先生は

ドラムの増田さんを紹介して下さった方ですが



去年は、日比先生にお会いすると


「どう?順調〜?わーい(嬉しい顔)」と言って

優しく気にかけてくれていました

丁寧で誠実な、温かい人柄の先生です



その日比先生とお電話した際電話


“日比先生、あのですね

増田さん、とっても良い方なんですけど・・・!”



「良い方」にアクセントを付けましてひらめき

感想をご報告すると



「そりゃぁそうですとも!

増田先生は、そういう方ですから」


とお返事が返ってきましたわーい(嬉しい顔)


ちゃんとみんな、お分かりの上で

紹介して下さってますものね晴れ



Photo by  Jun Katou 47.jpg

【撮影:SSTaB 加藤 純】




増田さんが去年の練習の時に、借りてくれたスタジオは

昔からなじみのある場所とのこと



終わってから受付に行くと、おばさまが


「お会計は、済んでますよ〜」


“えっ!それは困るんですけどあせあせ(飛び散る汗)

増田さん、いくら払ってくれてたんですか?”


と、話しているうちに


“・・・増田さん、すごく良い人なんですけど”

と私が言うと



「そうですよ、昔から知ってますけどねぇ

あの方は本当〜に良い方ですよ」

おばさま、しみじみ喫茶店(笑)



そこで、共感して話しているうちに


外でお車を出して、駅まで送って下さるつもりの

増田さんは、待ちぼうけ



“あっ、すみませんあせあせ(飛び散る汗)

いま受付のおばさまと、話が合って来ました!”



なんのこっちゃですね(笑)



“「良い人だ」と言う結論で

初対面のおばさまと、結束して来ました”


とお伝えすると、笑っていました

Satomi
タグ:Arrange
posted by satomi at 10:46| Comment(0) | Dr.増田博之さん

2011年10月29日

頼りになる優しい人


ドラムの増田さんには

非常にお世話になっていますぴかぴか(新しい)



今年も、勿論そうですが

特に去年は、キャスト変更に伴って



リサイタル本番の1週間前に初めて

ベースの直也さんが来て下さるまでの間


増田さんには、ずいぶん助けて頂きましたダッシュ(走り出すさま)



いつも負担が軽くなるように

気遣って下さる、気持ちの優しい方ですわーい(嬉しい顔)



Photo by Jun Katou187.jpg

【撮影:SSTaB 加藤 純 】



こちらの実験的アイデアに対しても


あくまで一度やりながら

「こんな感じになっちゃうよ?」

と、提示してくれて



相手を肯定するような発言や接し方で

アドバイスしてくれるので


嫌な思いをするようなことは

一度もありませんでした




演奏の中でも、相手が弾きやすいように

サポートする姿勢が基本にあって



ドラムが上手いのは、勿論当然なのですが

“増田さんは、セッションのプロなんだな〜”

と感じましたぴかぴか(新しい)




それ以外の出来事に対しても

常に助けてくれていて、優しいです



それは、私が何かお願いをするでもなく

特にお打ち合わせをするでもなく



気が付くと、増田さんは

何も言わずにやってくれているんです



心の広い方だし、頼りになる存在です





去年は、コンサートが中止になりそうな

危機的状況が

見えないところでいくつもありまして



その度に

“今こんなことに〜!あせあせ(飛び散る汗)”と・・・(笑)

状況説明をしながら


私は、ひたすら事態の対処に

勤しんでいました



人生ソリューションですね〜ポケットベル(笑)



そしてそんな時、いつも増田さんは


「解決する方法」だけを考えて

一緒に動いてくれました



どれほど有難いことか・・・ひらめき




直也さんが決まってくれた頃に

ひとまず色々と解決して

リラックスした姿を見て



今まで申し訳ないことをさせてしまったともうやだ〜(悲しい顔)

改めて思いました




問題の原因そのものが私でなくても

コーディネイトの失敗は、私の責任ですから



怒っても良いと思うし


もし気が晴れるのであれば

責めたとしても良かったのです



それを受けるつもりでいると



穏やかに、ただ一言

「勉強になりました」と仰いました




ずっとキャリアの若い相手に対して

そんな風に謙虚に言うのは


普通は出来ないことです




本当は苦労させたくないのに〜

と、いつも思っていますが

気持ちとは裏腹に、そうならないこの現実・・・あせあせ(飛び散る汗)(笑)



企画が重くなってくると、なかなか

大変なんです(イイワケ黒ハート



でも今年は、直也さんが率先して助けて下さって

ちょっとご負担が軽くなってくれたかな?


(絶対量は変わらずって話ですね)




去年の人選にしても、それまでの事があったので

少しでも増田さんが演奏しやすいように



“一番、お気に入りのベーシストさんに

オファーをお願いします”

とお伝えしていました




どんな方がいらしても


たとえ自分に合わないタイプだったとしても

増田さんさえ良ければ、そこは何とかしようと思っていたら



お声をかけて来て下さった、直也さんは

優しく面倒を見てくださる穏やか〜な方で




あれ?

私、増田さんの事を、かばおうと思ったんだけど


実はそれもあっさり見越して

かばってもらっている?


という事に気が付いた今年(笑)




そんな訳で

居てくださって、感謝することばかりなので



もし言えることがあるとしたら

それは「ありがとう」だけです晴れ


頼りになる、優しいお兄さんです

Satomi
タグ:Arrange
posted by satomi at 20:29| Comment(0) | Dr.増田博之さん

2011年10月21日

相棒


直也さんが、ソロで演奏している所に

増田さんが加わり


アドリブがどんどん展開していって

何だか楽しそうですわーい(嬉しい顔)


Photo by Jun Katou 215.jpg

【撮影:SSTaB 加藤 純】




長年、ご一緒に組んでいると


特に何かを説明しなくても

自然に演奏がまとまって


自由に音を描いて遊べるので


そういった時間の積み重ねが出来るのは

素敵なことですねわーい(嬉しい顔)




かつてお二人が、お仕事で共演を始めた頃は


私の方はと言うと



ピアノをちゃんと習い始めて

・・・ツェルニーの30番が弾けなくて(笑)

苦戦していた頃ですから


(最後はピアノ教師、さじを投げるの巻)



もう音楽家どころの騒ぎではありませんでしたが



今は大人になりまして?

一応、混ざっております



それを考えると

ちょっぴり不思議な気もしますね・・・(笑)



Satomi
タグ:photo
posted by satomi at 01:11| Comment(0) | Dr.増田博之さん