*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2020年10月09日

幸せの種


他の人の幸せを願うことは

心に幸せの種を持っていないと出来ません


不幸を拡大していく人は

どの場所、どの環境に行っても

悪い方に引っ張って行きます


仮に99人の優しい人が集っていても

たった一人、不幸の種を撒く人が入るだけで

悪意に利用されて壊されてしまいます


まずは人の選別が要ります


DSCF8896.JPG


幸せを願える人が手を取ると

そこは、優しい労わりと親切な善意の場になります


相手のプラスになる事に、無欲に尽くせる存在が

自然と集まるようになり

良かった事を喜び合ったり、励ましたり

嬉しい出来事と感謝の増える環境になります


まずは、自分が幸せの種を持つことで

実現できるものなので


「人生は撒いた種の通りに実を結ぶ」と

どなたかも仰っていましたが

狂いなくそのようになりますね


過去の種の実りに感謝しつつ、未来の新しい種も

大事にしていきたいですねわーい(嬉しい顔)

Satomi
タグ:Life
posted by satomi at 00:00| Comment(0) | Messenger

2020年09月04日

人間関係と結果


普段から、多くの企業さんや関係者の

盛者必衰に多く関与されているお仕事の男性が

印象的な一言を仰っていました


それは、今のように社会の形態が大きく変わったり

仕事の変化が大きくて、失業したり、再雇用があったり

普通に渡っていくだけでも難のある時や苦しい時


何が、最後の決め手になるんだろう?

という話題でもありますが

「結局、人間関係だから」

と、お話になりました


DSCF8802.JPG


大変な局面に置かれた時に、誰かが助けてくれる

その状況から救ってくれる

または、一緒に大変な事を背負ってくれる・・・


その決め手になるのは、最後は人間関係ただそれだけ

という事でした


ピンチ、という瞬間に

どんな方が、どれだけ積極的に助けてくれるのかは

今まで何を積み上げて来たのか

常日頃の、本人の人間関係の深さや内容によりです


これは、なかなかシビアに

“日頃の行い”がジャッジされますね


そこは説明されるまでもなく

嫌な人に、協力しようなんて普通は思いませんから

むしろもっと酷な思いでもして

しっかり反省した方が良いんじゃないですか位で(笑)


もし周りが冷たい人間ばかりとか、敵が多いと感じるなら

日頃から、本人がそれだけ酷い事を

周りにしてきた、積み重ねの確かな結果ですし


逆に、この人の為なら協力を惜しみませんよ!と

思って頂けるような、振る舞いを積み重ねていれば

ピンチの時に、優しい人や積極的に協力してくれる人が周りに

次々と現れて、有難いほどに助けてくれます


人間関係が答え

そのお言葉は、シンプルに

「日頃の自分の行いそのもの」だなと考えながら

有事の際にはハッキリと

白黒の色合いが出て来ます


幸せになるように、心を尽くして

積極的に行動で語ってくれるのですから

人間関係は、とても有難いものですね

Satomi
タグ:Talk
posted by satomi at 00:00| Comment(0) | Messenger

2020年09月03日

ただの坂だった


プロのスタントライダーをされている方のチャンネルを

時折、楽しく拝見します


仲間と一緒に、未舗装の林道(と言っても険しい・・・笑)に

技術練習を兼ね、走りに行く様子や

トライアルの練習用の岩とか、身長ぐらいの巨大ドラム缶を

勢いよく越える動画なども

上手に編集しながら上げていらっしゃいます


ヒルクライムと言って、とんでもない傾斜のついた坂を

一気に駆け上がるのがありますが

それも杉の林の木々を、上手くよけながら

獣道すらないような山の中で爆走するので


だいたい、上がり切れずに転倒したり

そのままバイクごと、坂を転げ落ちてきたりします


バイクもライダーも怪我をしますので

非常に高い技術と、かなりの勇気が必要ですね(笑)


DSCF8822.JPG


面白いなと思うのは

最初にアタックする時は、これ無理でしょ!という不穏な空気で

転びまくるか、怖くて二の足を踏むかで

「無理無理無理無理!!」なんて仰っています(笑)


それが、メンバーに世界的なランキングトップの

プロのトライアルのライダーさんが参加されて

率先して楽勝で越えていくのを、目の当たりにした時や


仲間が、何度もアタックして越えられるようになったり

攻略法が見つかって上手く登れた時


その無理無理無理!を連発していたのが

「ただの坂だった・・・ぴかぴか(新しい)

に変わります


あんなに怖がっていたのに、越えてみたら

案外大したことなかった!と

その豹変ぶりが面白いです


何事も、こんな風にアタックしている最中は

まるで無理に思われても


登れるようになってしまえば

転倒を恐れて怖いこともなく、怪我の心配もなく

一気に駆け上がれるようになって

人生に現れるヒルクライムにおいても同じことですね


ただの坂として、攻略ですわーい(嬉しい顔)

Satomi
タグ:Life
posted by satomi at 00:00| Comment(0) | Messenger