*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2019年04月14日

幸せの尺度


結論から言ってしまうと

一時的に、いつもと違う環境に身を置くことが出来て

またそこに固定の責任や拘束がないからこそ自由で

新鮮だったり、素敵だったりします


もし、その土地に暮らすようになると

決して毎日が良いことばかりではありませんから


マイナスと感じる部分を振り切るほどに

環境や文化や自然や人や、全てが好きだと言う要素が

多くあるのなら、暮らして幸せだと思います


簡単に、移住してハッピーになれるかどうかは

少し違う問題だと思いますが


一時的に楽しむのは、その瞬間、上澄みの美味しい所だけを

味わっているようなものですからね


DSCF7208.JPG


ハワイのメインストリートであっても

沢山ホームレスが居て、物価も東京の2〜3倍は軽くします


お聞きすれば、ハワイでの平均年収が200万台というのに

頑張っても、これでは食費だけで月に25万はかかります

(合計すれば、食費で年間300万です)

どう考えてもすでにショートしていますね(苦笑)


高給取りはお医者様や、裁判官だそうですが

一軒家を買うとしたら8000万位かかってしまうようで

(地域によって、もっと上がるようです)

一本稼いでも、決して裕福ではないと感じます


働いている方達の様子を観察していると

街に溢れている観光客の、まるでテーマパークに居るような

ゆったりと楽し気な雰囲気とは裏腹に


悲壮感と、ある種の辛さが滲みだしていて

そこにはエンドレスの日常だけがあるようにも見えます


良く日本が好きで暮らすようになった

色々な国の方達と話す機会もありますが

「こんなに大変」「精神的にキツイ」という内容の

なかなかのオンパレードで(笑)

込み入った話になりますね


外から見ると、芝生は青々と美しく

素敵に見えるものですから


それを予め理解して、楽しむのが

合理的なのかもしれません

Satomi
タグ:Hawaii
posted by satomi at 00:00| Comment(0) | Messenger

2019年03月09日

褒めること


謝る事よりも、自然に褒める事の方が多いと

良いなと思いますね


(お仕事の場合は、重大な失敗が起こると

それなりの損害が生じるので

心してかからなければなりませんから別枠ですが)


そういったシビアな場面ではなくて

もうちょっと離れたところでも

何か小さなミスがあると、すみませんごめんなさいばかりで


それこそ、お仕事ではないのだから

そこで誰かに過剰に謝罪をさせるなども

必要なのかな?と、変に思います



謝罪の言葉が山のように流れているのは

楽しくないでしょう


それよりも、こういう所が良いねとか今回上手く行ったねなど

褒めたり尊重する場面の多い方が

場の雰囲気も上がりますし

個々人のコミュニケーションも上手く行きますね


DSCF5227.JPG


「人から褒められない」と、ある男性の発言に

コーチングを生業にされている方が勢いよく


「そりゃ、あんたが人の事を普段から褒めてないからだよ〜!

人の事褒めないような奴を、他人が褒めたりなんかしないよ」

豪快にははは〜と笑いながら会話が続きました


奥さんにしても、褒めてないでしょ?

30個ぐらい褒めてやんな、と(笑)


褒めることで、お相手も嬉しいでしょうし

それを発する本人にとってもプラスの効果があります


特に身近で一緒に関わってくれている人には

他の人ではあまり知り得ないような

その方の素敵な面をたくさん知っています


言葉にして、褒めてあげられたら

嬉しいかもしれませんねかわいい

Satomi
タグ:Talk
posted by satomi at 01:00| Comment(0) | Messenger

2019年03月06日

どこまで協力するかはお相手により


一代で会社を興して、経営をされていたMさんが

計らずしもご病気で亡くなって

Mさんが公認で、後を宜しくとお願いされた後任者が

色々な事を引き継いでいらっしゃいました


後任者の方は、根が真面目なのが良い所で

他の該当者と比べて、ベターなのを考えて

お願いなさったのかもしれませんが


肝心な「器」という問題があるようでした


早速、あちこちでかなりトラブっていて(笑)

不満を爆発させて、常に怒鳴り散らしている良くない状態に

陥っているようで、気の毒でした


「まるで、人が(自分に)協力しない!」

「こっちは、指定の金を払ってるのに!」

と、こぼしていらっしゃいました


背景を少し知っていると、答えは簡単に出て来ます


DSCF1613.JPG


仮に、一件が50万の設定だったとして

Mさんだからこそ、最安値で良いですよと

相場よりディスカウントしたお値段の設定になってます

(実質的な金額は、もっと何桁も大きいですよ)


Mさんは、非常に面倒見の良い懐深い性格の方で

昔気質な親分肌の人柄が大きな魅力です


相手が決してマイナスにならないように

その分、他の何かで常に補填していらっしゃいました


人脈を駆使して別件で良いお仕事をいくつも振っていたり

ご家族でゆっくり美味しい物でも食べておいでと

何らかの+αを手配してあげたり

お祝いやお見舞いも手配したり


「大変なのを任してしまって、ごめんな〜」と

労いのお言葉をかける面も含めて


どんなお仕事の関わりであっても

決して相手が一方的に損をしないような采配を

心がけていらっしゃいました


Mさんの為だったら頑張りますよ!と言う人材が集まっていました


一方、後任者の方は

まずは自分が損をしないことが基本で動いていらっしゃいました


その方なりに、能力の範囲で責任を全うする為の

いつものやり方なのだと思いますので

良い悪いというのではありません


自分が努めて損をしないように持ってくると

相手に過剰な負担を強いる場面に当たります


今度は相手がいわば損をするのですから

労いもなくそれを通されてしまうと

早い段階で、事が詰まってしまいます


節約ではなく「ケチ」とまで言われてしまうのは

よっぽどだったのだろうなと

ほとんど笑い話になってしまいますが


「こんな金額でやれるかよ!」と

それまで培ってきた協力者が、わずか数ヶ月で壊れて

ことごとく敵になってしまったと


Mさんのように、いつも自分の方が

多くの負荷を背負う、損を請け負うようにして


出来るだけ面倒を見て、お仕事も経済的にも

ご家庭が上手くいくことまでを、さり気なく念頭に置いて


自分の為に一生懸命に頑張ってくれる相手を労って

事に当たれる度量があってこそ

何十年もかけて育てた素晴らしい人という財産ではないかと思います


どちらも有難いものですが

お金という財産は、数字であったり物として確認できます

人という財産は、数値化や目視ができません


目に見えない素晴らしい財産で

それによって、まるで違う結果になりますね

Satomi
タグ:mens
posted by satomi at 01:00| Comment(0) | Messenger