*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2011年11月28日

仁義なきアンサンブル


ドラムの増田さんも、ベースの直也さんも

とても優しい方達です



活動を共にしていると

色々と気遣ってくれています



Piano Trio.jpg

【撮影:SSTaB 加藤 純】




水曜日に、ふと気が付いた事実がアート



「もしそのテンポで弾くの大変だったら

ちょっと落としていいよひらめき


と、優し〜い感じで言ってくれて

練習でゆっくり弾き



「うん、そんな感じでも、良いんじゃない?」と調整



数回弾いて、私が慣れると


「じゃ、このテンポで行こうか」




あれ、早くなってる?


まぁ、いいか

とにかく弾けってことねダッシュ(走り出すさま)


=演奏=






「そこ連符、大変だったら

抜いちゃっていいよ?わーい(嬉しい顔)


優しいはからい


でも、5連符・6連符・7連符・8連符のミックスで

抜いたらかえって、訳分からない危険が



“気合いで弾きます・・・たらーっ(汗)


=演奏=







開演の直前に

「ま、のんびりいきましょうわーい(嬉しい顔)


甘い言葉にリラックスすると


だんだん温まったせいか



テンポ、速っ!!



さっき「のんびり」って仰っていたのは

どなたでしたかっ!?(笑)



始まっちゃってるから、これで弾くしかありませんダッシュ(走り出すさま)


=頑張って演奏=






「あのさー、速いと回んないからさー

もっとテンポ落としてもらっていい?」


直也さんが、お願いしていた曲の幾つか本



練習で一度落として、確認したはずが



本番は、速い!遊園地



“これでベース大丈夫なのかしら・・・?”

と心配していると



もっと凄いのは、直也さんで

ちゃんと弾いています(笑)



“わー、弾いてるんですけどあせあせ(飛び散る汗)

驚愕



=技術の限界に挑戦=







ゲネプロで、エレキベースの音量を落としてしてもらって

頭だけ合わせてバランスを確認したはずが



本番になると


でかー!演劇



自分のピアノの音、聴こえないんですけどー(笑)


まぁ、弾くしかありませんしねぇダッシュ(走り出すさま)


=もはや気にしない極致へ=







でも、ちょっと待って目



「大変だから、ゆっくり弾いて〜」とか

「バランス見て、小さく弾いてね」とか



諸々の、お打ち合わせ



みなさん、全て無効になってるでしょう!?





演奏のお仕事って、無茶ぶり天国ですから

長年それに慣れていると


平然と、何とかしちゃうものなので

特に怒ることでも何もなく



“こんなことに”と

むしろ笑ってしまうんですが(笑)





そんな私も、思えば

MC拒否の直也さんに


“あら、お話しないの?”

と打ち合わせていて


本番では、お話させていますしカラオケ




「このテンポだと、いろんなこと出来なくなっちゃうから

もうちょっと落とした方が、やりやすいかもな」


と言われた曲を


けっこう飛ばして弾いた気が(笑)


スミマセン・・・


=同罪=





結論は「やれ」と言うことです(笑)



「速くて大変?それなら無理しなくていいよ〜わーい(嬉しい顔)

じゃ、テンポでいこうか」



「弾けない?そっか、そうしたら

自分で工夫して弾いてみてわーい(嬉しい顔)



優しい配慮と、大きな矛盾足(笑)




無茶振り天国は、きっと

演奏家に染み付いた習慣なんですね




どこかのポジションがキツかろうが


3人とも、実はそれぞれが

自分の好きなようにやっていることが

分かりましたるんるん




それでちゃんと回るんだから

ある意味、凄いんですけどリゾート




すると、デザイナー中川さんから言われました



「もう、3人とも

打ち合わせしなくていいんじゃない?(笑)」

Satomi
タグ:Recital
posted by satomi at 18:51| Comment(0) | ピアノ・トリオ

2011年11月27日

余裕な人達


先日のトリオ・リサイタル


お兄さん達はベテランだし、余裕なので

雰囲気も自由な感じです




舞台袖が寒くて

ノースリーブのドレスでここにいたら

凍えてしまう〜雪と思い


私は、直前に向かう事にしました




開演の10分ちょっと前に、一度袖に顔を出して

舞台さんと打ち合わせ


定刻開演にしましょうか、決めて

また楽屋へいす




しばらくして、舞台さんが慌て気味に

「ところで、本当に定刻開演でいいんですか??あせあせ(飛び散る汗)

と、呼びにいらっしゃいました




考えてみれば、確かに慌てるかもしれません



私は普段はクラシックの演奏家さん方と

共演させて頂く機会が多いのですが


本番前の舞台袖など、みなさんかなり緊張されて

張り詰めた雰囲気になるため


早い時間から、待機なさいます





それが、開演5分前なのに


舞台袖には、誰もいない(笑)



おみごといす



その時間

ドラムの増田さんは、一緒の楽屋で


衣装、黒じゃなくてもいいよね?

ボタン閉めなくていいよね?とやっていて


ベースの直也さんは、どっかいってます(笑)




「ところで田村さん、どこ行った?」と増田さん



“さっき、20分前の時に


「まだこんなに時間あるじゃーん

タバコが3回吸える」言ってましたよ”


「じゃあ、喫煙所か喫煙


“私、呼んできますね”



そして、喫煙スペースで直也さん発見




“直也さーん、定刻開演だから

あと5分で始まっちゃうみたい”


「あ、ほんと?分かったーわーい(嬉しい顔)


“うん、先に上で待ってるねるんるん



和やかですかわいい



そして舞台袖に出演者が揃ったのは

開演2分前(笑)



舞台さんは、優しい笑顔だけど

心中穏やかではなかったことでしょう




お兄さん達は、余裕ですし

自由な感じです(笑)

Satomi
タグ:Recital
posted by satomi at 04:58| Comment(0) | ピアノ・トリオ

2011年11月25日

ありがとうございました


この度のリサイタルでは

沢山のお客様の、温かい応援を受けまして



昨年よりも、さらに盛り上がり

大興奮での喜びのメッセージを

ありがとうございましたわーい(嬉しい顔)



当日は、お陰様でお席もほとんど埋まって



ホール案内の、お姉さま方からは


「遅れていらしたお客様の

座れる空席を探すのに、かなり苦労しましたあせあせ(飛び散る汗)

と、お聞きました




ご来場頂いたお客様からは



「さとみちゃん、素晴らしかったわ!


・・・ドラムが!ぴかぴか(新しい)



が、合言葉になってしまった

今回のリサイタルですが

(もちろん嬉しいですよリボン




自分でMCをしているので

流行らせたのは・・・他ならぬ私です



わー、自己責任(笑)



楽屋からの通路で言われて〜

ロビーで言われて〜

メールでも言われる




みんなっ、それちゃんと

増田さんにも言ってあげて下さいねダッシュ(走り出すさま)(笑)



(お越しでない、読者の皆様には

後ほどご説明をいたしますメモ



今年も、沢山のGirlsに

「惚れた・・・!」


と言わせた、無敵のドラムですぴかぴか(新しい)




にもかかわらず


増田さんご本人に、直接コメントが上がらず

こちらに集まるミステリー人影



お伝えしておきますね



皆様、ありがとうございましたるんるん


Satomi
タグ:Recital
posted by satomi at 23:59| Comment(0) | ピアノ・トリオ