*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2013年08月30日

さすらいのゴーストライター


原稿依頼の紙を手に、深くうなだれる

オーボエのAさん(笑)



「今までずっと、避けてきたのにぃぃぃ!もうやだ〜(悲しい顔)




関係者全体にお出しする

広報誌の特集の原稿依頼です



「こういうのって、さとみさん得意そうだよねもうやだ〜(悲しい顔)


“ええ、普通はみなさん1回ですけど

3回位は書きましたよ(笑)”




Aさんは、頑張って書き始めるも

お名前を記入して、最初の質問項目に


『忘れました・・・』



と書き進めた所で




「あぁぁぁ!やっぱりダメ!

私には、書けない!

ムリ、ムリ、無理ー!もうやだ〜(悲しい顔)




そして、楽屋の丸椅子に座り直すと



「自分でも分かってるんですよ、こんな風に

『忘れました』なんて書いてる記事を

みんなが読んで、楽しいはずがないんです」



独り言とも、嘆きともつかず


椅子をくるくるしながら

誰に語るともなくお話するAさん




「誰か代わりに書いてー!!あせあせ(飛び散る汗)





・・・



“じゃあ、私書きましょうか?(笑)”






そして、質問項目を色々な角度で聞いて

自由にお話してもらったのを

文章にまとめる作業を開始しましたペン




“少しテンション高めで書いた方が良いので

女子っぽく文章作りますよ”


「やだ、さとみさん

ちょっと、ありがとう黒ハート

何か、自分じゃないみたい!(笑)」





例えば、休日にどんな過ごし方をしているか?

という項目で


別に・・・なんて書いたら、寂しいですから



『甘いものが好きなので、お気に入りのお店に行ったり

スイーツを買ってきて自宅で楽しんだりしています!』



ほら、女子っぽいリボン(笑)



お勧めのお店も、えーMUJIカフェかな〜と言うので


『日比谷のMUJIカフェがおススメです黒ハート


落ち着いてゆったり過ごせる所と

開放的な雰囲気が、私はとっても好きでするんるん


はい、女子的!




見せ方をちょっぴり変えるだけで

女子路線になります



似顔絵の専門家さんの極意と一緒で

「写実とデフォルメ」がポイントですわーい(嬉しい顔)



やりすぎると別人になっちゃいますけど(笑)

Satomi
タグ:word
posted by satomi at 05:25| Comment(0) | 活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。