*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2013年08月21日

舞台裏のご依頼


大学を卒業して、オペラの養成所に通いながら

演奏活動する若い歌い手さん方も

美男美女が増えましたねぴかぴか(新しい)




リハの前に、楽器に慣れる時間も含めて

さらに1時間前から練習が始められるように

ゆとりを持って向かうと



衣装に着替え終わったころ

テノールの歌い手さんが、早々とみえていました



「はじめまして」と、お互いに挨拶をして

ずいぶん早いですねと、お声をかけると



「大学院を出て、ほやほやの新人なので

せめて早く来ようと思って!」

柔らかな笑顔で、元気に話してくれました





お顔の雰囲気と髪型とが、テレビに良く出演する

イタリアンの「川越シェフ」に良く似ていらして



「そうなんですよ〜、良く言われまするんるん


でも僕は、目がちょっと細いので

お前は、韓国産川越シェフだって・・・(笑)」



川越シェフって、そんな各地に産地が?(笑)

お野菜みたいですね




「何かあれば、僕お手伝いしますよ」

と、積極的に動いてくれます



性格もおっとりして、物腰柔らか


言葉遣いもとても丁寧なので


大事に育てられて、良いお家のご出身なのかと思い

お聞きしててみたら



「そんなことはありませんあせあせ(飛び散る汗)


時にはコンビニでビールを買って

そのまま、お店の前で飲んだりしてます


下賤ですが・・・」




なるほど、お家で綺麗なグラスに注いで

味わっているのではない、とのことでしたがバー



コンビニ購入のビール立ち飲みは

大変に品がないという感性を持っているのですから


やっぱり良家のご子息では?





二枚の扉 1.jpg




さて、一回目の演奏が終わると


演奏方法のリクエストが

弦楽器の演奏家さん伝いで来ました




私のソロではなく、弦楽器とのアンサンブルでもなく

声楽のアンサンブルでの曲指定で



「あのね、音を厚くして、ボリュームも上げて

出来るだけ歌が隠れるぐらいに演奏してもらっていい?」



そして、ためらいがちに

「もし、歌が聴こえなくなっちゃっても良いから」




“それは・・・


『歌をかき消して』しまって、と言うことかしら?(笑)”


「そーゆーことです(笑)」




状況的には、笑えないので

真面目に対応しましたが



歌い手さんは、一生懸命に・・・


ひたすら一生懸命に

だいぶあやしい音程で歌ってくれていましたかわいい




それはもう、2声(二人での合唱)でも、4声でも

他の先輩声楽家さん達とのバランスが上手く取れず



かと言って、とっても良い子だし、怒れないし

人前で演奏する緊張もあるだろうし

頑張ってくれているのも本当に良くわかるし


ましてや、特訓をするような時間もないし




最終手段で

「音をかき消して演奏」リクエストが

こちらにやってきた訳ですが




演奏を聴いた、総監督の方からのご依頼なので

こちらは仰る通りに演奏して



後から直接お話する時に


“音を厚くしてボリュームを上げてみましたが”

と、静かにご報告すると



「うん、ありがとう

良く分かりました」

と仰いながら


明らかにお顔が笑っていらっしゃいました・・・




テノールくん、ごめんね

いつもより爆音気味で弾いて(笑)

Satomi
タグ:Singer
posted by satomi at 16:34| Comment(0) | 活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。