*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2013年07月20日

見せかけの大人達


お帰りなさいませ三日月

涼しい風が吹いて、過ごしやすいですね




終電での帰宅でした



電車では、ハイボールの缶を

いっぱい袋に買い込んで


帰宅途中にも関わらず、待ちきれずに

車内で、ぐいぐい飲み始めるオジサマがいるあたり(笑)


金曜日の夜なのを感じましたビール





私はお仕事中なので、飲んだりしませんが

お客様はたっぷり酔ってご機嫌でした




バーカウンターでメニューとして出していた

ローストした厚切りのお肉を一皿


ご好意で、ご馳走になりました




他の方と上手に分けて、美味しく頂きまして

お腹も気分も満足です喫茶店



でも本当は・・・パエリア食べてみたかったんですよね(笑)




今回のバーカウンターは、ホール出張の形態だったので

実際のお店の所在を、こっそり確認しておきました


そのうち行ってみようかと思いますレストラン




気持ちだけが膨らんだので

自分で作ったパエリアの写真を掲載しておきます



(美味しい魚介類をそろえた方が嬉しいので

あんまり頻繁に作れませんが・・・)




自作パエリア.jpg





企画のアドバイザーをして下さっている

プロデューサーさんも

お客様として、いらしていました




運営側の責任を担う、30代の

爽やかな担当者さんとお話していて



具体的に辛口なコメントも挟んだりしながら


地域の活性化に力を入れて行きたいと

方向性を語っていらっしゃいます





出演者が演奏後にテンションが上がって現れるのは

盛り上がるだけ、自然にそうなると思いますが




ロビーに、まるで社交界のパーティー会場のように

大勢の人が集まっている中でも


活動的なエネルギーを発散している方は

そこだけ、オーラが出ているようで目立ちます




そのプロデューサーさんもそうですが

何らかのご専門の分野で

「今これをやっていこう」と発信する人は



まとっている空気の質感が

力強いように感じます




そうでなくちゃ、何事も出来ないんですけどね






ひたすらひっそりしているのに

「誰かに探してもらおう」と思っていると

誰も探してくれないのが、世の常ですから



進んでいくのは大事な事ですねわーい(嬉しい顔)





時々、私も対応に困ることがありますが


「貴方の力で、僕を押し上げて下さい」とばかりに

変なご期待を持っている方がいらっしゃいます



音大卒業したての若者が、変な期待を持つのは

いたしかたないのかな・・・と思う事もありますが



(大切なのは、本人が一生懸命、努力する事です

他力本願タイプの子の将来性は薄いです)




40代とか、50代の方がやってくるのは

何と申し上げたら良いやら、になりますふらふら





他人を利用して、成功したい気持ちをお持ちの方は

たとえどんな苦労をして、こちらが形を整えたところで

決して上手くいきません




表現することは、他人から自分をジャッジされます


時に手厳しく、徹底的にダメだしされます





何もしないまま、お年をとられて

「俺はこんなもんじゃないぜ」

という気持ちを、どこかでお持ちで




でも何の活動も実績も、定着していないし

自力で自分の世界を興していく力もないと


良くない意味で、人を頼ろう作戦が

始まってしまうのかもしれませんね




私がお話すると、最終的には

痛い核心にたどり着いてしまうのですがあせあせ(飛び散る汗)(笑)




表現することで、自分をジャッジされるのが

彼等は怖いのです




「あなたには才能がありません」というのを

目の当たりにするのが怖いのです





活動するのは、毎回のジャッジを受け止めて

改善して、練習して、工夫して、奮い立たせて


一つ一つ、自分のスキルを上げて

やがて賞賛が多くなっていくことです





「俺の実力は」


いえいえ、その程度の実力なんて

掃いて捨てるほどいるんですよ



その程度の才能なんて、ちょっと器用な学生なら

誰でもお持ちなんですよ・・・




自分がどれだけであるのかを認める所からが

スタートラインです





自分の無能さに直面して、前進していくからこそ

成功への道のりに一歩、また一歩と

近付いていくと思います





ロビーで、談笑していたプロデューサーさんも

一見、華やかに見えると思いますが


実際になさっていることは

ものすごく地道な活動です




「年取った奴らは経年劣化が甚だしいから

もっとヤル気のある若いの使いたいよ!」

とか・・・


目の前でハッキリ仰るので

バッシングもあると思いますが(笑)



ひるまずにアイデアを出して、トライして

気の遠くなるような地味な努力も、当たり前のように行なって



そして「今」があるのだと思います






努力もしないで、都合の良い夢を追いかけて

何もしないまま、ただ年をとって、他人を妬んで

見せかけだけのプライドを取り繕うよりも




何度もエラーして、泣いて、落胆しても

また立ち上がって走り出す方が


泥臭くても、より人間的に感じます晴れ

Satomi
タグ:Talk
posted by satomi at 05:54| Comment(0) | 活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。