*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2013年03月01日

眠れぬ夜へ


「2Cellos」

2本のチェロでロックを熱演した

クロアチア出身のチェリスト達のCD



最初はYoutubeにて、プロモーションの映像を

見かけたのですが


マイケル・ジャクソンの「スムーズ・クリミナル」を

たった2本のチェロで演奏していました




楽器が壊れる勢いで弾いていて(笑)

実際に弓が、どんどん切れていく激しさどんっ(衝撃)



お二人とも相当上手いなと思って聴いていたら

クラシックの名門のご出身でした



国際コンクールの優勝暦もいくつもあるし

小さい頃から熱心に練習三昧の人生で


典型的なクラシックのエリート路線を

ひた走ってきた若手音楽家ではありませんか

(ルカ・スーリッチ氏とステファン・ハウザー氏)



正確な技術力と、メロディーラインの美しさ

それと炸裂するノイズ混じりのビート



艶っぽいチェロの歌いっぷりと

破壊的な刻みのギャップがすごいダッシュ(走り出すさま)(笑)




はじけたな〜晴れ(笑)


と思っていたら、やはり


練習に追われ、コンクールなどのキャリア形成に追われ

典型的なクラシックの修行みたいな世界で

ひたすら真面目に頑張ってきて


クラシックの素晴らしさは良く知っているけれど

そんな大変な毎日に、どこか疲れてしまって



「何か、面白いことしようぜ」



で、マイケル・ジャクソンるんるん



実際に、CDの方でも気合いが入っていて

お互い好きな曲だというのが

演奏からも伝わってきます




こういうのって、上手い人が弾かないと

様にならないので


幼少時代から鍛えぬいた技術と

音楽センスがあってのこと




はじけちゃいましたね黒ハート




チェロ編成に合わせて、アレンジしていますから

原曲ともまた違った独特なテイストで

まさにオリジナルな世界を走っていて


ギターやベースの奏法のオイシイところとか

チェロの良い所をミックスしてある感じです




本気で遊ぶのって楽しいですからわーい(嬉しい顔)



そんなお兄さん方の全力の遊び


ホットな演奏で、テンション上がりますグッド(上向き矢印)

楽しいです



でも、夜寝る直前まで聴いてしまうと

リラックスして眠るモードにならなくて


若干、問題が・・・あせあせ(飛び散る汗)(笑)

Satomi
タグ:CD
posted by satomi at 03:46| Comment(0) | 活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。