*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2012年08月21日

お待ち合わせは東京で


東北からやってきた友人と

お互い、スケジュールの合間にお食事をして

賑やかにお話しました




普段は当たり前になっていて

さほど気に留めないようなことでも


東京って、恵まれているんだなと

改めて思いました




「フェルメール、いいなぁ

観にいきたいな〜ぴかぴか(新しい)と思っても

東京だから、すぐに行けないのよね」


と、言われて



こちらは行こうと思えば

いつでも観に行けるわけです



コンサートだって、毎晩あらゆるホールで

数え切れないほど沢山やっています





嬉しくなるような、とびきりの体験も

心が浮き立つ、素敵な思いも


何もかもが

いつでも手を広げて待っている


そんな恵まれた街です





Tableware カイマナヒラを聴きながら.jpg




前もって、準備が出来なかったので


お待ち合わせの駅の周辺の

あまり遠くない場所で入れる


軽めのコースがあるレストランを現地で探して

先に入って、待っていました喫茶店




本当は、もう少しゆったり時間が取れれば



景観が綺麗で、ドイツの町並みのような

噴水のあるガーデンに面した

イタリアンのお店に


連れて行ってあげようかと思っていましたが



新幹線に間に合わないといけないのであせあせ(飛び散る汗)

やむなく別計画





せっかく東京に来るのですから


気持ち良く過ごせる雰囲気で

丁寧なサービスを受けられて



同じ金額をお支払いするのでも


テーブルウェアや景観の綺麗な場所で

美味しいお料理を作ってくれるお店の方が


大切な時間を、有意義に過ごせますので



その方が、何倍も嬉しい

素敵なひとときになるのになぁと


ガールズおもてなし企画としては

自己採点30点位でしたバッド(下向き矢印)(笑)




それでも


「地元だと、どんどんレストランが潰れてしまうから

こんなお料理は、それこそ一年に一回しか食べられないよ」

と言ってくれて、優しい友人




“えぇ〜?

私、しょっちゅうよ?(笑)



と言うか、もっとちゃんと接客してくれるような

グレードの高いお店に

連れて行ってあげたかったんだけど・・・


ゴメンネもうやだ〜(悲しい顔)



次回に生かさなければ

せめて70点位にしたいなぁ




しばらくお話して、ずいぶん元気が出て

嬉しくてテンションの上がった友人は


喜んで電車に乗っていき


ハッピーな感じはその後も続いてくれたみたいです


まずは、一安心リボン

Satomi
タグ:Tokyo
posted by satomi at 23:55| Comment(0) | 癒しの楽園
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。