*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2012年08月19日

記憶ヨミガエル


記事を書いていて、思い出しましたひらめき



やっぱり前から

例の楽器は、壊れていたようです(笑)



電気を使っている場合の

接触不良から来るトラブルの類は

古くなると、よくあります



演奏中に


“あ、これ響きがおかしい

・・・この音のストップが入ってる”


“音、足りないや

ストップ足しても駄目っぽいから

左手でオクターブを補強して弾こう”



“何でここにトレモロが〜?”


“ちゃんと鳴ってないなぁ

別の音で、弾いてカバーしとこう”


などなど



足したり引いたり〜


フレーズの区切りの良いタイミングで

片手を無理矢理あけて


ちょいちょいやって調整したり

その場で変えて対処しているので



フォローの作業が、あまりに日常化しすぎて

忘れていることに気付きました



みんな、故障の前触れですよね・・・(笑)






他の歌い手さんが言っていました



「慣れてる人が弾きに来る時って

全然、何も起こらないのに



新人さんとか、あんまり手馴れていない人が

来る時は、ハデに故障したりして

演奏がすごいことになるのよね〜


同じ楽器なのに、なんでだろう?」



スルーしちゃいましたが


皆さん、上手く調整しまくっているから


何事も無いように、誰も気付かないように

演奏がなされているだけって事ですよね




いや、弾いている本人まで

気付いていないんだから



・・・これって重症(笑)



明日、改めてメンテの連絡を入れなければ病院

Satomi
タグ:organ
posted by satomi at 22:24| Comment(0) | 活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。