*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2011年12月24日

くろたま音符 vol.2


クラシックのように、キチンとした版が無かったり

楽譜が元々、存在していないとか

アレンジで曲を作っていく場合は


メンバーの道しるべになる

骨組みの楽譜を

書いていかないといけません




ヴォーカルのアイラちゃんは

とっても丁寧に、楽譜を書いていましたが




思い返せば、ですよ




私は、ドラム・ソロの後の調を

違う調で採譜して書いてしまって本



しかも、それで送って

練習の時、そのままお兄さん達に

弾かせてしまっていたとかあせあせ(飛び散る汗)(笑)


あちゃー




また、去年のリサイタルの

準備をしていた頃では



こちらの採譜が間に合わなくて


結局、初回の合わせで


例の・・・くろたまの音符だけで

「棒」の部分が付いていない

難解なマイ楽譜で、増田さんにお渡ししたりダッシュ(走り出すさま)



考えたら、それってリズムないじゃない(笑)

どうやって叩くの?みたいな・・・



(よく、増田さん怒らなかったなぁ

お心が広いです)




調にしても


弾きやすいものと、弾きにくいものが

楽器によってあります



この調は、やってもらえない

などの場合もある様ですが




確か、練習の時に

直也さんが「やりにくい調なんだよねバッド(下向き矢印)

と言っていた曲があって


“それなら、ピアノで移調しましょうか?”

と、ご提案しましたが



「うん、大丈夫わーい(嬉しい顔)」と笑顔で言うと

直也さんは結局、そのまま弾いてくれていました





いずれにしても、普通の場合では

ありえないケースかと



みなさま、多大なるご親切を賜りまして

ありがとうございました・・・もうやだ〜(悲しい顔)



それにしても

なんで怒られなかったんだろう?(笑)

Satomi
タグ:Nots
posted by satomi at 04:08| Comment(0) | ピアノ・トリオ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。