*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2020年09月02日

下準備諸々


ここに来て、各所の催事・イベント・コンサート等が

一気に動き出してくれたのは良い事ですけれど

運営が、激しい混乱状態のまま進行せねばなりません


二転三転どころか、五転六転・・・それで結局どうします?

が、演奏開始まで決まらず(もう定刻なんですけど〜・・・苦笑)

その状態でもまとめましょう!と、進める日々です


過去にも、大小様々な倒産劇がありました

責任の所在も、支払いの詳細も不明瞭になったまま

非常に混乱した事態で、無理やりに進めるのは

体験済みですので


運営が混乱していると、こういう事になっちゃいますねバッド(下向き矢印)

と、淡々と対処していく感じです


当日のその場を見渡しますと、主に

ものすごい「困っている人」と

ものすごい「怒っている人」の、2種類しかいません(笑)


直前で方針が変わると、プログラムも変わってしまうのが

個人的には、手間と負担のかかる事です

リミットがごく近いのに、何十曲も新規で曲の準備です

トータルすると、かなりの曲数になります


平素は、30件演奏する内の5〜8件がレッドゾーン

(混乱やトラブル処理も抱えて、楽器故障もあって

誰もやりたくない?危険なお仕事)


10件がイエローゾーン

(そこまでではないもの、イレギュラーの負担が重いとか

偉い人が来るから絶対に失敗しないで系の

主にやりたくないと言われるお仕事)

残りが平穏無事にお受けしている案件になりますが


今の内訳だと、ほとんど28件レッドゾーン並の割合いですね(笑)

凄いです、さすがコロナ禍あせあせ(飛び散る汗)


DSCF8882.JPG


機転をフルに効かせて、現状を乗り越えるのや

即興で何事も回避できる、頭の良さを兼ね備えたタイプだと


こうなるかもしれないから、この場合は

ここに気を付けておきましょう!とポイントだけ決めて

上手い具合に、臨機応変で収めることが出来ます


落ち着いてそういった事が成せるのは

常時、キツいお仕事をこなしている方のみです

普通の感じだと、軽くパニックになってしまう事も多いです


次の瞬間に、一気に立て直すのがプロでしょう!?とか

どんな状況でも、素晴らしい成果を上げるのがプロでしょう?

との意見も最もです(それも十分に正しいです)


必要な準備がままならず、さらに方針不明の状態で

水面下に不利になる状態を複数抱えていると

精神的に強い弱いの差が出て来ますので


状況が落ち着くまでの直近は

ゴリゴリに強いキャスティングだけで構成して

難所を乗り越える方が無難と思いますね


まるで、先の方に事故現場があって

衝突した車やらの瓦礫の山に向かって

アクセル開けて、越えて来て〜というオーダーのようです


トライアル、というかハードエンデューロの

(オフロードのバイクで、未舗装の林や岩場を走行して

2mの大岩を越えたり、急な崖を登ったりする)

高度な技術と強い精神力があれば

楽勝で乗り越えていけそうですが(笑)


兎に角、決めるべきことまでがひどく混乱していて

どこから苦情が飛び出してくるか分かりませんから

2倍の譜読み作業も含めて、負荷がたっぷりです


負荷に負荷を重ね、迷走の瓦礫へ向かいますダッシュ(走り出すさま)

Satomi
タグ:event
posted by satomi at 00:00| Comment(0) | 活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。