*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2020年01月12日

スタミナ


トランペット奏者の一連の歴代関係者が集結するイベントの

プレ前夜祭のような感じで

個人的に、楽しくお話を聞いて参りました


N響から始まって、国内の名だたるオーケストラの

新旧トランペット奏者の皆様方や

フリーランスでバリバリ活躍されている演奏家さん方

各音楽大学で教えていらっしゃるトランペット奏者の

方達が、集まるものなので


歴史を担っていらっしゃる大御所の先生方や

OBの皆さんも終結します


「ある意味、参加するには勇気が要る」と

話されていたのも、ちょっと分かります


音大を卒業したての奏者では

ちょっと怖くて参加出来ないかもしれませんね(笑)


DSCF7530.JPG


音大生のスタミナの話になりました

特に最近は、受験生の伴奏をしても

皆さん良く練習されていて


真剣に勉強されている平均的なトランペットの子達は

コンチェルトの全楽章、というプログラムも

音をしっかり取って、だいたい技術的に吹ける状態でやって来ます


ハイCとかハイD辺りでも

普通に当てて吹きますから、演奏の基本的な技術に関しては

問題ないのですが(当たり前と言えば、そうですね)


ごくたまに、人によって問題が起こることもあります


その辺りの作品は、一曲で

だいたい15分から20分ほど吹きっぱなしになります


そこも、仮にプロだと本番でリハも入れて

一日6時間位、長ければもっと吹きっぱなしになるのと

音域も、さらに高い所から一オクターブ上げて演奏するのが

お約束!という華やかな楽器ですので

負荷としては、それなりにかかりますが

サラッとこなします


もしたった15分でバテてしまうようだと

将来性ナシのカテゴリーに入ります


某学生が、「自分はスタミナが無いんですよね〜」

というのを、重鎮の先生に話したらしいのですが

(すでに雲行きがあやしい)


先生は、ブチ切れ

(なりますね)


「何がスタミナが無い、だよ

俺は、“スタミナが無い”と言う意味が

まるで分からない・・・!」からスタートし

一時間に渡って、超絶ブチ切れまくったようです(笑)


音大生にもなって、そんな事いってたらダメよ

根本的に練習不足・努力不足ですよという話です


まあ何と言いますか

リハでも、全プログラムを隅々まで

パワー全開でバリバリ吹いて、本番も勿論さらにパワフルに吹いて

音も外さないし、疲れの一つも見えない演奏をするプロの方達に

そんな事を言った日には、ボコボコですね(笑)


確かに、準備不足だとしたら若い子は迂闊に参加しない方が

身のためなのかもしれません?

Satomi
タグ:Tp.
posted by satomi at 01:00| Comment(0) | 活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。