*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2019年11月18日

楽譜を広げる隙間時間


多くは、20代から60代まで

音楽の専門で、レベルは差がありますが

バリバリのプロからセミプロ、ごくごくたまにアマチュアまで

楽器・ジャンルも色々な方達の伴奏をします


皆さん、隙間時間には

行動の特徴(習慣)がハッキリと現れます


DSCF7272.JPG


演奏家として常時活躍されている皆さんの特徴


たとえそれが20分位の隙間時間であっても

楽譜を出されて、おさらいしています


直近の本番をいくつも抱えている

プログラムがとにかく沢山ある

ソリストのご依頼を受けていて、責任重大であるなど


例えば、後ろで合唱にプロの声楽家の皆さんが歌っている所

ソリストとして抜擢されて舞台に上がるには


大音量でコーラスが歌う以上の、ブリリアントさで

たった一人、雲の谷間を光線が突き抜けるような

素晴らしい演奏をしなくてはいけません


劣れば、すぐ降ろされます

後ろは全員、強力なライバル位の気持ちで挑まないと

他に素晴らしい人は、山のように控えています


某有名オーケストラの方々も

大抵スコアを持ち歩いて、開いて確認されています


今度は何するの〜?と聞いて

いついつが何の曲で・・・など会話して

少しお話が弾む場合もありますが


短い期間で本番に臨まないといけませんから

サラサラと書き込みをしながら

ページをめくって確認しています


ソロやリサイタルの本番の場合は、もう少し猶予がありますが

何か画面を開いている時は、たいてい調べものか

デモ演奏として、一流のどなたかの動画を観てチェックしています


紙媒体にしろ、データにしろ

どなたも楽譜をバサバサと持ち歩いていて

勉強する時間に当てています


ご連絡で一時、手にすることはあっても

スマホにかじりついたりしないです


そういった小さな習慣が蓄積されて

日々の演奏のお仕事を作っている事と思います


SNSで、何か上手いこと美味しいお仕事を取ろうとして

24時間、張り付いているような人もいるのですが


FXなら、常に張り付きもアリですけれど(笑)

音楽でそれをしていたら、むしろお仕事は来ないと思います


物理的に、一日10時間毎日スマホをいじるのではなくて

本来10時間弾く方がまず必要になってきます


ピアノや弦だけでなく管楽器でも

お仕事は、その位のスタミナを軽く求められるのですから

スマホかじり付きは

演奏する体力も技術も含めて、腕が激しく落ちてしまいます

一ヶ月したら、コンディションがもう戻せません


本番が次々にあると、自然と勉強に当てるようになりますが

楽譜、勉強を欠かさない暮らしをされているのが

活躍されている方の行動形態の最大の特徴ですね


ここはハッキリと分かれます

Satomi
タグ:Musician
posted by satomi at 00:00| Comment(0) | 活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。