*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2019年07月04日

湿気の嬉しくない恩恵


ザーッと雨が降ると、楽器は湿気の影響を多大に受けます


空調でケアしようにも

お客様が、どっと入られた時に

濡れている衣服や、ご移動の扉の開け閉めで

外の湿気が押し寄せて来ます


カラの状態でリハをしている時は平気なのですが


ほとんど満席に近い状態で、お客様がいらっしゃって

その大量の湿気が、次第に空間の前面まで

徐々に押し寄せて来た際に

楽器の異変は一気に起こり始めます


DSCF7117.JPG

(たまにはこの位、晴れて欲しいですね)


湿気で、鍵盤がぐちょぐちょ(苦笑)


最初に、15分弾く曲でしたから

もう途中で鍵盤を拭くことも出来ませんし

このまま、困った状態で弾き切るしかありませんふらふら


この鍵盤が湿って、指が張り付いてしまい

運指が、コントロール不能になる件は

自宅サロンでも、過去に経験が何度かあります


象牙の鍵盤だと、この「ハエ取り紙状態のベタベタ」で

苦戦するのは、湿度が90%を越えてきた時です


ただ、今回はプラスチックの鍵盤でも

このようにぐちょぐちょ(笑)になったのは

流石にお初でしたから


ああ、今は湿度が限りなく100%に近いんだな〜

弾くのに苦戦するのはもう仕方ないので

力技で振り切るしかない


あ、でもちょっと待って!

ヴァイオリンは、もっとヤバい事になっているのでは・・・?

そんな事を考えながら弾いていました


横で一緒に演奏している

ヴァイオリニストの入江さんは


やはり、左手の抑える感触が「ぐちょ」という

困った状態になっていたらしく

ポジション移動が出来ないですから

かなり大変だったみたいです


それで良く演奏出来たなと思いますけれど

オールドのデリケートな楽器なので

壊れないか気になるところです



全部が終わってから、あれは過去に体験したことのない

最悪な湿気の状態だった!と、言うお話になりました


「いかなる事態になろうとも

完璧に弾き切る為の策を練らなくちゃ!」と

入江さんは、次の対策に燃えていらしたので


敗北という二文字は辞書にないかのような

そんな入江さんが、とても素敵です黒ハート

Satomi
タグ:organ
posted by satomi at 00:00| Comment(0) | 活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。