*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2019年06月05日

音楽との付き合い方の融合点


音大を卒業した多くの方達にとって

概ね何が深刻なネックになるのかと言うと

学生の時分での、演奏で食べて行きたい、プロになりたい

という理想と現実の甚だしいギャップです


この配分を誤ると

人間がおかしくなったり、精神を病んで低迷街道に落ちたり

非常に性格が悪くなったり、人生崩壊したりします(笑)


“自分こそは、華々しく活躍して然るべき天才的な逸材である”

という、現実から遠すぎて意味が分からなくなるほどの

実績の無い変なプライドを捨てるところから始まります


何もしていないほどに、このおかしなプライドは肥大化します

そして本人を蝕むので、厄介なものだろうと思います


“所詮、この程度だ”というコメントは

プロ奏者の皆さん時折、ご自身にぶつけているのですが


所詮この程度と思う、メンタル的に辛い出来事を

それこそ何万回も繰り返して挑み続けています


代わりに、行動を起こし続けた分だけ

結果も付いてきます


DSCF7102 (2).JPG


もし趣味で音楽をするのなら

自分が楽しければ良いので、自己満足でギリギリ許されますが

お仕事となると、まるで別世界ですので

それは許されません


人には、向き不向きがあります

これは決定的にあります


求められるレベルまで自分を強烈に引き上げる

努力が出来ないという事も含めて

根本的な資質がない、という所に落ち着いてしまいます


それが自分で見えないことが

踏み誤る原因の一つになっている事があります


また、多くの場合で自己客観視が出来ないのも

影を落とす原因になります


かなり早い段階で、音楽に向いていないと判断して

自分の持っている資質を生かせる業界に飛び込んで

そこで、成長して幸せになっている方達もいます


音楽は潤いを与えてくれるエッセンスの範囲で

家庭を大事にしていくことに邁進される方達もいます


何もプロになることだけが最適解ではないです

資質が無いのに目指し続ける事で

関係する人を巻き込みながら、ものすごく不幸にもなります


自分がどの範囲での音楽の関り方を持っていると

最も納得の行く、相応しい、幸せな状態になれるのかを

真剣に見つめて、客観的な自己の能力と照らし合わせて

判断することの方が大事です


もし注目されたい、チヤホヤされたい

そういう欲望が軸になっていると失敗します


目的が違っているので、ほとんど中身のないものになりますし

その場合、まずは深刻な心の問題を解決する方が先です


音楽を、欠落した自己を満たす道具として利用しようとすると

面白いように、逆に苦しむ結果になりますね

パラドックスです



沢山見て来ていますが

頑張ることも出来ない、でも変なプライドがとても高い

という場所にいると、一番苦しみます


それがアマチュアであれ、プロであれ

完全に離れるのであれ

そこに優劣はありません


大きな自信をもって、本心から納得して

内外ともに活躍できる身の丈に相応しいところに

自分の在り方を調整していくことの方が必要ですし


本来の資質に見合った、生き生きと活躍できる場に

居ることの方が良いと思います


自己を見つめて、折り合いをつけて行くのが

音楽と歩んで、または離れて、ベストな位置を決めて

幸せになっていく為の方策です

Satomi
タグ:Life
posted by satomi at 01:00| Comment(0) | Messenger
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。