*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2019年02月02日

演奏家からの楽器譲渡の案件


演奏家が使用されていた楽器


何らかの理由で、ご家族が次の持ち主を探す場面があります

こういう場合は、物が物ですので

同じように演奏家にまずお声がかかります


そういった案件の、お問い合わせが

色々な楽器の演奏家を通して「どうですか?」と

やって来ることがあります


現状、スペースとして楽器は物理的には入りますが

無尽蔵にお受けしていると

コンサート利用としてのお客様のスペースが無くなってしまうので

有難いそれらの素晴らしいお話は、これ以上は

お受けできずにいますが


それこそメンテの費用と(年間20〜100万)

スペースの問題がクリアできれば

素晴らしい案件だったりしますね


お持ちの方も、価値だけでなく使い方を熟慮して

プロに使って頂きたいからと、その専門の人を探しますが


1千万単位になったら、ヤフオクとかでは

難しいですものね・・・(笑)

しかも、その後が「超」大変です



かつてサロンにベーゼンを搬入する際に

請け負った業者のおじさまが、部屋に入るや否や

「あー、こんだけスペースがあったら

フルコン(一番大きなサイズのグランドピアノ)2台

余裕で入るじゃないすかー!ぴかぴか(新しい)


・・・って嬉しそうに叫んでましたけど



DSCF5126.JPG


ピアニストのSさんが、サロンにご来場で

色々と爆笑よもやま話を話して下さいましたわーい(嬉しい顔)


同じように、やはり楽器をどうですか?のお問い合わせは

プロのピアニスト・オルガニストのSさんも、度々頂くようです


しかもSさんは、パイプオルガンのお話も頂戴したことがあるそうです

それは専門のオルガニストがお使いになられていた

かなり特注の楽器です


ハウス・オルゲルの(お家に入るサイズ)

天井まで220cmで入るぐらいなら搬入が行けますが

“高さは?”とSさんにお聞きしたら


「4m」とご返答が(笑)


うん、4mかぁ・・・

まずは、2階までぶち抜くしかないですね(笑)


※見送ったそうです

Satomi
タグ:Pianist
posted by satomi at 01:00| Comment(0) | Concert Salon
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。