*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2019年01月25日

マザー楽器の語法


ピアノと、パイプオルガンと、チェンバロと

それぞれ弾き方も個性も違いますね


手元が鍵盤、という所だけは同じですが

それらの鍵盤の幅も、大いに違いますし

楽器についている鍵盤数だって違います


数段になっていたりしますから

位置関係も違います


語法に当たる奏法、表現方法も違います



ヴァチカン.jpg


マルチで演奏なさるプロの方も増えて来て

特に海外の素晴らしい演奏家なども

本来の専門の楽器以外に、演奏したりする機会も多く

とても興味深く聴くことができますね


そうすると、パイプオルガンが最も専門の演奏家が

ピアノを弾いたりしていると、かなり完璧で良い演奏ですが

厳密には鳴らし方が、パイプオルガンの時の癖を残したままなので

すぐ分かります


ピアノからでも、チェンバロからでも

どのポジションでも同じことが起こって


元々、母国語のように身についている

マザー楽器の語法は

どこか感じられるので、面白いですね手(パー)



幸いにして、私はどれも同じように好きなので

みんなお仕事になってしまっていますが(笑)


この表現は、この楽器の最高の醍醐味!

という技が、それぞれにあるのですぴかぴか(新しい)


お互いに、別の鍵盤楽器では決して出来ないけれど

この楽器では大得意!とも言える表現でしょうか


どれも優劣つけがたく素晴らしいので

そう、コレコレ!という個所では、悦に入れますひらめき

Satomi
タグ:Piano
posted by satomi at 01:00| Comment(0) | Concert Salon
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。