*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2018年10月20日

音楽表現とは 2


素晴らしい表現とは何か


音楽を突き詰めていらっしゃる方はどなたも

日々が、そのことと向き合う時間です


一つの演奏(本番)が終われば、それを厳しく見つめて

自身の弱い所を直しながら、目指して行く表現へと

舵をとって行きます


IMG_20161219_171130.jpg


『その旋律に「息が吹き込まれる」には』

話題の中の息とは息吹、つまり言い換えると

命が吹き込まれるには?との話題です


音は空間に放たれて自然に消えてゆくものですが

それに生命が宿っているのを彷彿とさせる

素晴らしい演奏というのが確かにあります


そこを、どなたも演奏家は

目指さなければならないので

こういったテーマなのです


『詩の中で、言葉の一音一音が

大変な重さをもっているのと同じように

短い音やフレーズの一つ一つに、神が宿っていること』


それを演奏者は感じ取り、十全に表現することが大事だと


『何の為に、その曲・作品を演奏するのか?

何を表現するのか?

そこに、どういう思想があるのか?』


そこまで演奏で明確に表現、語れるようにならないと

人に聴いて頂いて、お金を頂戴するような演奏ではないと


それは仰る通りです



言われるまでもなく

私達のような演奏をお仕事にする人間が

聴いて感動するような演奏は

そういった次元にまで、高められた演奏です


小手先の演奏では裏が見えすぎてしまって

感動することはおろか、関心さえもしなくなっているので

冷めた視線で聴き流すことになります


「生命の息吹」まで凝縮された演奏は

無条件に感動する熱量があり、涙が出ます


まぁ、言ってしまえば

「プロが聴いて感動する演奏ができるまで練習して来い」

という結論に至るのですが・・・ふぅ

Satomi
タグ:Music
posted by satomi at 23:00| Comment(0) | 活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。