*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2018年10月18日

鍵盤が多い時のあるある


お子さんなど、ピアノを習う時に

「真ん中のド〜」と言って、鍵盤の中央部分のドを起点として


楽譜の表記としては、右側の高音部エリアがト音記号

左側の低音部エリアがヘ音記号で分かれています


88鍵なら、真ん中のドが通用するのです


・・・が

もっと鍵盤が多いと、ちょっとエンブレムと場所がずれるのです


YAMAHA、カワイ、スタインウェイ

だいたい真ん中あたりが、ちゃんとドになります


ベーゼンドルファーのインペリアルは

低音部に鍵盤が多く配列されていますので

その分、エンブレムとのバランスが少しずれた感じで


まるで、停止線をずれて駐車してしまったときのような

「ん?あれ?ここで良いのかな?・・・良いのか」

と、自問自答

あるいは、ちょっとズレ感が気になる方もいらっしゃるようです


弾き始めたら、集中するから関係なさそうですけどね


DSC_0488.jpg


古いインペリアルは、増やした部分の鍵盤が

黒く塗られていないので、通常の白鍵のまま連なっています

そこに、パカッと蓋が付いていて隠すと

88鍵仕様にすることが出来ます



迂闊に、開いたまま弾き始めたら

1オクターブ、ずれてた!

という事故が起こったり


キメの部分で、最低音の「ラ」を弾く!

と狙ったものの


一番端っこなら、見た目でも狙いやすいのが

見たら、もうちょっと鍵盤がいっぱい並んでいて

どこだっけ!?と混乱してハズす


という、微妙なあるあるが起こります

(勿論、起きない事が望ましいです)

Satomi
タグ:Piano
posted by satomi at 23:00| Comment(0) | 活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。