*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2018年08月01日

意味ないけれど自然に闘いを挑む


高校時代は、自転車通学でした


ダラダラ歩いたら45分はかかってしまうので

必然的に、自転車で通いましたが

毎日、早朝の最速記録を目指していたので

8分で学校まで到着していました


ホントに走り屋を目指していたとしか言えない計算

(道路のギャップとか、ラインどり

このタイミングで走り抜けると、全ての信号が青で渡れる早さ等)

などをしながら、かなりの早朝で誰も居ない道を

爆走していました

(毎日、早くに部活の朝練がありました)


DSCF5425.JPG

(鳥さん、コーナリング)



時間をかけて歩いていくのが嫌で

当時は、「いかなる天候であっても自転車で学校に行く」

と言う、自分のジンクスがあり


天候によっては、雪だったり台風だったりするので

それをものともせず、屈強な精神を鍛える為に

自転車に乗り続ける猛者?

を目指して、時に傘を折りながら

自然界に戦いを挑んでいました


(無駄なエネルギーが有り余っていたようです)



年間、数回はそんな超悪天候が登校に重なる訳ですが

当然ながら、己の限界に挑むために

自転車通学をしていました


(とにかく無駄にエネルギーが有り余っていたのでしょう)


いつもなら生徒達の自転車が所狭しと溢れていて

停める場所を探すのに一苦労するほどの駐輪場も

悪天候だと、見事なまでにガラガラです


自転車を立てておくと、そのまますぐに風で倒されてしまうので

予め横に寝かせて置いて


見渡すと、学年約400人中に4人は

同じような、自転車通学を極限まで貫くツワモノがいましたパンチ


※今は大人になりましたので、やりません

各所移動は平和的に行きます

Satomi
タグ:season
posted by satomi at 23:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。