*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2018年07月21日

頭の理解と体の理解


やり方だったり、手順だったり

マニュアルの説明文を読むような感じで

フンフンと理論上の流れを確認しただけでは


まだ上滑り状態で、出来ると言いません


体を使って、それが体現できるところまで

しっかりと落とし込んで、自在に出来るようになった時に

初めて「理解できた」という事になりますね



DSCF5132.JPG


特に、肉体の運動を司りながら行う音楽に携わると

理論として頭で最初に整理している段階と


実際に肉体が表現できている段階までは

かなりラグがあるのは良く分かります


一つの部分に対して

時に数千回単位で落とし込んで

初めて、体に馴染むラインまで行きます


難しい事であれば、それはもっと幅広くなります



なので、説明を聞いただけとか

読んだだけでは、上手く出来ません


無意識の領域で自在に出来るまで、体に覚え込ませて

そうして、そこから応用だったりアドリブだったりが

水を得た魚のように、自由自在に生まれて来ます



理論上の上滑りで終わってしまうと身に付きませんが

体に覚え込ませると

一定期間が経っても、軽く復習をすればちゃんと覚えています


ですので、体得するまで身に付けてしまえば

その後に、応用がきいて

出来る事の範囲が、ぐっと広がりますね

Satomi
タグ:TECHNIQUE
posted by satomi at 00:00| Comment(0) | 活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。