*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2018年05月29日

インド風カツカレー


お仕事が終わり、とある会場から出て

ご一緒した仲間とも、明るく挨拶を交わして

改札で、お疲れ様!と別れた後は


頭の中で、夜のメニュー考案ダッシュ(走り出すさま)


カツはさすがに、とんかつ屋さんで買うとして

カレーはインド風にしようと思い


電車に乗りながら、冷蔵庫の中にある食材の種類と量を

何があったか本気で思い出しながら(笑)

足りない物だけ、買い足して帰りました


ご飯もターメリックライスを炊きました(黄色いやつですね)

こちらは、準備さえすればあとは火にかけて様子を見るだけなので

同時進行が楽です


オイルを温めて、クミンシードを香りが立つまで炒め

(インドっぽい香りのする、種状の方のクミンですね)

すりおろしたニンニクとショウガを合わせて炒めます


次は、みじん切りにした玉ねぎを投入して

あめ色になるまでしっかりと炒めます


この段階で、エスニックな良い香りが漂います


あとはお野菜をたっぷり炒めて、お肉も少し入れて

トマト缶を丸ごと投入し

調味料で整えて、香草を入れてしばらく煮ます


スパイスは、ガラムマサラを中心に

クミンやチリパウダーなど、足していきます


生クリームの液体を入れると、マイルドになりコクが出ますが

沢山の残りを何に使うか放置しているうちに

すっかり傷んで、残念ながら捨てるのがちょっと嫌なので

今回は購入しないで、豆乳を少し


一さじで味がどんどん変わるので

甘みか、辛さか、塩気か、コクか、旨味か

何を足したいかで、微調整していきますが


あんまりお腹がすいていると

早く食べたくて、どうでも良くなってくるので(笑)

適当な所で妥協して、後で味は直します



かつてパートナー様は、付き合い始めた最初はヒョロヒョロで

お食事もほとんど満足に摂れないほど病弱

食事への意欲も薄めで、食も細かったのですが


結婚してから、こんな調子で何だかんだと私は料理を作り

パートナー様は、純粋に手料理を誰かが作ってくれる喜びと共に

これが美味しいだの、あれが食べたいだのやっているうちに

10キロお太りになられました・・・


その分、ジムで運動しないとね手(パー)

Satomi
タグ:Dish
posted by satomi at 23:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。