*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2018年03月07日

ひそやかに


生演奏は、お祝い事やイベントで盛り上げる時だけでなく

葬儀の際にも、しめやかに音を綴って

静かな時間に、小さな優しさを運びますね


ヒーリング・ミュージックに近い

ずっと長く続く和音に、何となくメロディーが入り

かすかに揺れ動くような演奏(恐らく即興演奏)を

30分ほどお弾きになったあと



トロイメライや、日本の歌の旋律を

ゆったりと滑らせながら、持続和音で支える感じの演奏を約30分


約一時間ほど、そのお仕事のご担当の演奏者さんが

弾いていらっしゃいました


私は、参列する立場でしたので何となく聴く方でした


どなた様も、ご挨拶や故人への大切な思い出を語り合ったり

そちらに夢中になっています


演奏が流れていても、ほとんど誰一人として気に留めることなく

それでも、場を優しく整える役割として

お弾きになっているのも、分かっていますから


全てがお開きになって、帰る時にお声掛けしました


本当は演奏しながら会話するのは、あまり良くないですが

(油断すると、気をとられたタイミングで

どこを弾いているか分からなくなってしまう事があるので・・・笑)


誰も気に留めなくても、ただCDが静かに流れているように取られても

誰も何も言わなくとも、そのお仕事に就く訳で

しかも、この筋のお仕事は

急なご依頼(どなたかが亡くなった際にオファーが来るもの)です


人からの賞賛をもらおうというタイプの人では

恐らく決して出来ない(笑)超裏方に徹する演奏です


それでいて、場の空気を壊さないように

常に配慮しなくてはいけないので、大変だと思います



自分の事は伏せて、演奏スペースまで出向いて

「長時間、演奏をして頂いて、ありがとうございました」

と、短くご挨拶したら


ビックリされたようで

「いいえー、こちらこそ!!ありがとうございました!」

と、笑顔で大仰にお辞儀をしながら、ご挨拶して下さいました



表に上がるばかりが全てではなく

見えない裏方の場所でも、需要があって

そのお仕事に徹するのですから


誰かが、しっかりと聴いていて

次のモチベーションにつながる方が

気持ちを入れて、演奏に当たれる

一つの出来事にもなるかと思います

Satomi
タグ:FUNERAL
posted by satomi at 23:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。