*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2018年01月28日

朝リハ


最終日は、朝のリハーサルに

編曲を手掛けてくださった綿引さんもおいで頂き

改めて、曲のチェックとアドバイスをして下さいました


私のミニサイズの手と違って綿引さんは大きい手の持ち主ですから

そのサイズ感でお書きになった和音は

お陰様で、一発で届きません手(パー)(苦笑)


“ちょっと、これどうやって弾いてます?”と実演して頂いて

あーやっぱり大きさ違うと届く感触ちがいますよねー

と思いながら、各所にアドバイスを頂きましたダッシュ(走り出すさま)


録音を担当して下さっている

バリトン歌手さんも、皆さん音楽家なので

アドバイスが的確で、それがとても有難いです本



DSCF5087.JPG


最終日は、ピアニスト様もお客様でいらしていたので

楽器そのものが、扱うのが非常に難しいのを音で感じ取られて

(本当はそれを全く感じさせないように、しなければいけないのですが

さすが専門家は、耳で聴けば良くお分かりです)


繊細な音色作りを多彩にやっていた点を

良かったと仰っていただきましたが

針の先で全ての音を狙うような集中力が要ります


一回(1拍と言うより一弾き)に音が両手で7個ほどあって

それがランダムにどんどん変わって

そこに対旋律が入ったりすると


コントロールはとても遣り甲斐に溢れた

溢れすぎて、素晴らしいもようになりますダッシュ(走り出すさま)


それを水面上は白鳥のように

涼し気にエレガントに余裕たっぷりに

優雅に滑らせていかなくてはいけません


多分、ヤマハのグランドピアノで

軽い感じにバンバンと掴んで弾けると

(つまり、荒っぽく弾けると)

弾き手の感触としては、扱いやすいと思いますが


それをベーゼンでやるとなると

もともと響きが厚く、重たくなるので

オルガンのストップがフルで入ったような

荘厳な状態で、カラッとした感じは

ちっともカラっとしない(笑)


しかも、全ての音を狙わなくてはいけないので

無造作に弾いたりなんかしたら、その瞬間に

とても聴くに堪えない悲惨な汚い音がなります


ですので、バンバン弾いたりすると

トマホーク(ミサイル)を撃ちこんでいるようになりますむかっ(怒り)


お聴きになられる方は、一曲でハチの巣です

なので、最新の注意を払わないと曲になりません

遣り甲斐が溢れています

Satomi
タグ:Recital
posted by satomi at 23:00| Comment(0) | Concert Salon
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。