*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2017年01月08日

ただハイリスクですけど


お陰様で、スペックは恵まれました

名器と24時間弾くことができるホール音響のお部屋



音大を卒業して間もないころは

良い楽器が触りたい!と時折、何かの麻薬が切れたかのように

極上の音への欲求が高まる時があって


そんな時は一時間2000円とか2500円で

ベヒシュタインやベーゼンドルファーのスタジオをお借りしました


使える費用は当時の稼ぎでは本当に限られていて

せいぜい頑張って月に一回行けたら良い方でしたが


弾いた後に自分の体に残る、余韻の香りが

例えようもなく心地良いものでした



今は、それが毎日好きなタイミングで

どんな深夜だろうが弾くことが出来るので有難い限りです


ただそれは、相応の巨大なリスクを背負っているからで

費用に換算してしまえば

そのスペックに対する一日あたりの支払いは

一万円ほどになります


現行でベーゼンは一時間3000円ほどかかりますので

スタジオだと一日3時間ほど借りる金額でしょうか



IMG_20161218_135634.jpg



そういった価値観に理解を示してくれる

パートナー様のお陰なのですが


生活は、人並みの旅行〜とかお買い物〜とか

当然「やってる場合じゃありません」(笑)


ピアノ様へ全力投球しないといけないので

スペックの豪華さから、セレブなのかと時々勘違いされますけど


全部、自力です・・・!(笑)


そんな都合よくお金を出してくれるような両親も

祖父母も居りませんし(天国で見守ってくれています)

あらゆる事は、知恵と努力と2馬力で対応です



計画が進まなくて、糸口さえみつからない時は

建物を整えることは不可能ではないかと、めげかけましたけれど


歌い手さんで、お家を買ってご家庭を守っていらっしゃる方から

元気付けてもらいまして


「最初は私も、もうこれは無理だわー!と思っていたんだけどね

何とかなるの、しっかり探して頑張ってれば

どこかで何とか条件が重なる事が出てくるから、諦めないでね」


と、励ましてくれました



今は、逆に同じようにあと一歩で

ピアノ・ライフが実現するけれど・・・というピアニストさん方の

背中の後押しを致しまして


年賀状には

ファミリーで笑顔で映るお写真とともに

新しいお家とスタジオのご報告を頂いたりして


本当にそれが一番必要な方にとっては

進んでみる意味があると思います



ただ、ハイリスクですけど(笑)

Satomi
タグ:studio
posted by satomi at 20:02| Comment(0) | Messenger
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。