*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2016年11月17日

ハッキリ言葉にしないけれど


設計図通りに、何センチ何ミリ!はい作業終わり!

と言う単純な作業からは反対の場所に居て


技術者にとっても、繊細で変化が大きくてコントロールが難しくて

とんでもなく手こずるベーゼンという楽器は


親しくなればなるほど


関りを持つ資格を持った人と、持たない人の線引きがあって


それを心得ていない人には

触れて欲しくない、という意思を持っているようです



たとえ悪気がなくても、扱いのコツが各所にあって

無知では済まされない時があり

楽器を壊してしまったり、時には再起不能になることもあります



いくつもの場面で、そういった扱いによって

ベーゼンの価値そのものが全く無くなってしまう

無残な状態にされてしまう事への

技術者の静かな怒りも伝わってきます



技術者が楽器を壊してどうするのー?

という話なんでしょうけれど

知らずにいじると大変なことになりますね






DSC_0392.jpg



お貸しする用の、ベーゼンのオフィシャルなスタジオもあります


どんな方がいらしても、お客様として対応しなければならないので

きっとホスト側として、我慢なさる部分があるでしょうね



ある所では、冷やかしと言うか

滅多に触れる機会もないので「ちょっと弾かせてよ」精神で

とてもマナーが良くないお客様もいらっしゃるようですね


いつも弦を切るとか(奏法の変な癖になると切るんです)

楽器が劣化したり、故障する扱い方もされるでしょう


どうお付き合いしていったら

上手く馴染んでくれるのかを無視して

興味本位に、乱暴で乱雑に扱われるのは


いつも大切に管理している技術者からしてみたら

とても嫌なことだろうと思います



「後ろからスリッパで頭をぶっ叩いてやろうかと思った」とか

まるでコントみたいですけど(笑)


「ちょっとー、良い車じゃない、ポルシェ乗らせてよー」と

興味本位で遊ばれて

ボコボコにぶつけられて返される、みたいなものですから(笑)

それは当然、ふつふつと怒りが込み上げると思いますよ



本当に好きで、大事に接してくれるなら

技術者も楽器も嬉しいでしょうけれど

自分を誇示しようとすると、とたんに上手く鳴ってくれない楽器です


それは技術者にとっても

楽器の声を聴いて対話できるセンスがないと扱えないようですね



勿論、言葉にすることはありませんし

あえて言うものでもないので

日々の出来事に、困ったり怒ったりなさいますが


とても大事に日頃からベーゼンに接している方達からしてみたら

きっと宝物みたいなものだろうと思います


「ベーゼンを愛している」という話も出てきました



扱い方を心得ていないピアニストには

弾いて欲しくないし

壊してしまうような技術者には

触って欲しくない



もし関わるのなら

ちゃんと勉強して欲しい


言葉にハッキリ出さなくても

そんな切実な気持ちが、横たわっているのを今日は感じました

Satomi
タグ:Piano
posted by satomi at 23:21| Comment(0) | 活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。