*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2016年11月17日

寸止めテクニック


日頃から、楽器の具合が良くないとか

明らかにどこか故障しているのを上手くカバーしながら演奏して

何とか本番して下さいと言うような

ちょっぴり無理のある案件も良くお受けします



自分が携わっている場面については

完全な故障でゲームオーバーになった事は、幸い一度もなく

楽器がその時間だけでも何とか頑張ってくれています手(パー)



他の演奏家さんが体験なさるような

(度々、怖い体験をお聞き致しますよ)

最悪の事態には、お陰様で今のところなっておりません



たぶんギリギリ・セーフのところを

紙一重でクリアしているのだろうと思います



一つの機能がダメになったら

別のところで補強して、同じような響きを作るとか

瞬間的に、あちこちやっているので


楽譜からは全く違うことを演奏しながら

手元だったり、足元が不自然な進行になっても


残った機能をフルに使って切り抜けるという

妙なお仕事をしているんだと思います



リハで故障の具合が危険なことになったりする場合もあるんですが

幸い本番は、演奏不能にはならずに済んでいます



DSC_0303.jpg



たぶん、アクセルを踏み込みすぎると

壊れるんだと思います


そのスレスレ、超ギリギリのところで

寸止めするのが、もしかしたら

いつの間にか得意になったのではないかと?

(お家のピアノ様とお付き合いしている効能です)



センシティブに楽器の体調を感じてやらないと

危ない状態になっている楽器は壊してしまいます



思うに、音楽シーンでの演奏も爆音傾向になってきて


アコースティックの楽器ですから

大きな音を鳴らすことで、要求に対してカバーしていくうちに


全体的に演奏の傾向が乱暴、あるいは暴力的になる部分も

あるのかもしれませんね



仮に大音量を求められる現場で、もしやりすぎて壊れるようなのであれば

逆に無理をせず、PA(音響さん)の方でひろってもらって

綺麗な部分で拡張させて対応した方が、良いのかなと思う時もあります




鍵盤楽器は、会場に備え付けの楽器を演奏しますから

ある所では演奏家には責任が無いです


もしどこか壊したとしても、申告すれば対応して下さったり

その会場さんの方で費用を出してメンテナンスするというのが


どこか気付かないうちに、乱暴しても平気、に

つながってしまうのかもしれません


ただあまりにも問題な時は、実費で払わされる方もいますよ



今では乱暴な演奏はしなく(出来なく)なりましたが

ずっと以前は、振り返れば自分も時にはやっていましたし


あまり高くない楽器を使っていると、感度の問題もあってイライラして

ちょっと、そうなってしまうかもしれませんね



高い楽器を、自分のギャラで払って管理していたら

乱暴は出来なくなると思います

まさにお財布もろとも自爆します(笑)




お家の大変気難しいベーゼンは

これ以上、アクセルをあけたら危ないというラインが

日によって、いつも違います


ものすごくジワジワ、臨界点を越えないように弾いています


圧力を上げていくのも

3時間以上弾いてからにしていますし


普段の伴奏合わせでも、比較的軽い曲からにしてもらって

急にドッカンとは弾かないようにしています


毎日お付き合いしているから理解している部分もあるでしょうし

自分が演奏する分には、特に故障はしません

(むしろ、それが特殊だった事に気が付きました)



それにしても、決して間違った奏法などではなく

演奏としても、その奏法としてもきちんとスタンダードで

いわば良い演奏なのにも関わらず


弾いていらした個所のハンマーが、たった数時間の演奏でもげてしまう

それも10数か所、大ピンチというのは・・・


考えたら、ピアノ様はご老体ですから

全身で数か所骨折しているのと同じようですが


うわあ、こんなに脆かったのか!!と

大変申し訳なく思う次第です

(ベーゼンドルファーは、そもそも人様に貸すような楽器じゃないと

また怒られそうですが・・・あせあせ(飛び散る汗)



オーバーホールの費用だけで、ヤマハのアップライトが約8台買えて

(高価すぎて只今保留中)

たった一回の修理費(入院)でも、ヤマハの調律約25年分ですが

(貯めます)


一度思い切って、早めに対応が要る所は

むしろこのタイミングで部品を交換して頂いて

管理をしていくことにします


他の方が弾くと、色んな場面で復讐されるのでしょうかあせあせ(飛び散る汗)(笑)

ちゃんと責任を取ろうと思いますが


大きなコンサートホールみたいに

議会承認で予算が降りたりしないかなー(空想)

Satomi
タグ:Piano
posted by satomi at 22:13| Comment(0) | 活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。