*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2016年07月30日

無ければ一から作りあげる


実家の両親は自営業ですが

卒業して一番最初の就職先は、当時の三井銀行でした


25歳の時に、当時は珍しかった脱サラをして

こんなエリート街道を棒に振って何考えてるんだと

全ての関係者が反対して

(優秀だったようですね)


上司が自宅まで説得に来るようだったそうですが



2年間、下働きをした後に

27歳で、店舗開設の為に借金をして

自分の店を構えました




私の兄も、28位の時に会社を起こして

全く別の業界ですが

紆余曲折しながら、頑張っています


たぶん、子供のころから家庭の中での父寄りの意識が

サラリーマンの安定雇用を最大限に求めるよりも

起業する方にちょっと傾いていたせいかもしれません



「無ければ、自分で興す」

というのが、いつもあるので



一つのポジションを奪い合って、憎みあって

血みどろの戦いを仕掛けるよりは

そこは譲ってしまって


自分のオリジナルの世界を作っていく方が、何となく自然でした




Bösendorfer.JPG



組織に所属してみたものの

どうしても、そこが合わない

という場合だってごく普通にあると思います



考え方とか、習慣とか

トップに立つ方の方針などで

組織のカラーは変わっていきますから


無理やり合わせなくてはいけない部分も出てきますしね

そこは、仕方ないと思います


もし100%、自分の意識を叶えたいのを優先するなら

他人のところで、騒いでいても始まらないです



その代わり、自分で何かを興すとなると

労力は半端なくかかります


どこかにくっついて、文句を言っている方が

例えようもないほど楽なのは確かです



誰かが都合よくお膳立てしてくれて

自分はそこに上手く乗っかって

お気軽に楽しく、手抜きして適当なお仕事をして

なおかつ、沢山お金が欲しいのよね〜と


内容的にとんでもない希望を出しながら

やってくる人が、うんざりするほど多いです


コバンザメ気質?なのかな(笑)



「金くれ!」

と言いよってくるのと同じことですから



冗談じゃないですよね、伊藤はハローワークじゃないですし(苦笑)

いつも、すべてお断りしますが


その気質を捨てない限り

音楽関係なんて特に、パフォーマンスのお仕事ですから


潜在的に高いクオリティの内容を提供するには

膨大な見えない労力を、必ず乗り越えなくてはなりません



それに、今や上手いのは当然で

それ以外のことも、高い水準でできないと

クライアントからの選考に外されてしまいます


そこに金くれ隊をしていたら、99%お仕事は来ないのです

(たまに1%は騙せるかもしれない?笑)


しかも、それは

時間や年齢と共に、ちょっと深刻な貧困が

約束されていることでもあります



他の業界でも

バリバリ活躍されている方達は

意識の根底から違いますから(尊敬します)


どこでも結果を出している方は

同じなのでしょうね



一から作り上げることが出来れば

自分の理想に近いやり方が実現できるようになります


楽ではないにしても

よくある、毎日愚痴を言って飲み明かすような生活とか

何のために生きているのかも良くわからない生活は

する必要がなくなりますね晴れ



何を選ぶかも、みんな自由です


つまり「フルオーダー」で

自分のやり方が決められるので

凄いことでもありますプレゼント

Satomi
タグ:Life
posted by satomi at 00:15| Comment(0) | Messenger
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。