*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2016年01月21日

見守る器


笹倉敬子先生とお話していて

時折、目頭が熱くなることがあります



一生懸命、その時を生きていらっしゃるから

心を打つのではないかなと思います



「もう上手く声は出ないかもしれないけれど

一生懸命、歌います」と、本番もお歌いになる姿を

私が大学生の頃から拝見していました



入院されて、敬子先生が最初の手術された時も

お見舞いにお伺いすると


頭蓋骨を開けるような手術で

何となく意識はあると言っても

朦朧とされていて


ぐるぐると巻かれている包帯からは

大きく血が滲んでいました


最初に心配されていたのは、ご自身の事ではなく


「さとみちゃん、初めてのリサイタルがあるのでしょう?

私、お祝いしてあげたいの


お祝いをさしあげなきゃね

それとももう、お送りしたのかしら?・・・」



ぽつぽつとしか会話できないのに

急に、そんなお話をなさるのです



ビックリしてしまって、安心して頂くように

“もう頂いていますよ、気になさらないで大丈夫ですよ”とお伝えして

帰り道は、とても切ない気持ちでいっぱいになりました


病院の下の横断歩道で待っている間に

涙で滲んで、信号が見えなくなりました


他の人の事を、気にかけているような

そんな状態ではないのです


そんなことは2の次どころか、5の次6の次で十分なんです




Salon アイデック カフェ・チェアー.jpg




大学生の頃に、私がたくさん嫌がらせを受けているのを

いつも敬子先生は見守っていらっしゃいました


通常の嫌がらせもとにかく多かったですが


当時、指導して頂いた方からですら

悪質な嫌がらせがありました



今でこそ、お仕事としてシビアな視点を持っているので


たとえ全てのチャンスを消されて

持っている関係のお仕事も潰されようが

それは、本人の力不足です、という視点があるので


当時の自分にも、力不足ですと

そういう見方でやっていかないと

シビアな世界では先に進まないよと

アドバイスするかもしれませんが



非常にえげつない暴挙が多かったですね


今の年齢で、自分の大人の感想で言えば

あれは、まともな大人のやることじゃないよね

とは思いますが・・・




敬子先生はそれらを見ていて

「指導している立場なのに、あまりに酷いこと平気でするのね」

と言葉をかけていらしたので



しっかり頑張ってね!という気持ちもたっぷり込めて

お祝いしてあげたいの、というお話になったのだろうと思います




全ての物事は

もし、無理がないようなら

可能な範囲で、やりたい事をやりたいように

動かして行けば良いと思っています



それがどなたであっても

何かが大きく犠牲になるような事はしないで

最初に、自分自身を労わって

大事にしてあげて欲しいです




おばあちゃまが、孫に

一生懸命応援してあげるよと

言うような感じなのかもしれませんね



敬子先生が、ものすごく沢山の方々から慕われていらっしゃるのは

きっと、こういった一つ一つが積み重なって


大きな優しさの器で、本当に多くの方を

見守っていらしたからだと思います



そんな敬子先生の人生の軌跡が

慕って下さる人に囲まれている今の瞬間を

作り出していると思います

Satomi
タグ:Talk
posted by satomi at 20:18| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。