*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2015年12月30日

ご予定調整


来月の演奏家さんのサロンご見学は

2件承っていまして


声楽家と、ピアニスト、ピアノ講師の方です



ご新規の方のお名前をお伺いすると

恐らく、存じ上げている演奏家さんで


私が良くお伺いしていたコンサートホールで

定期的にリサイタルをなさっている

ピアニストさんでした



日常的なお仕事スケジュールをこなしながら

リサイタルを並行していくのは

だいぶ労力的に、大変なことです


まず譜読みの量が、増える(笑)

準備のエネルギーも、膨大



また規模を大きくすると、すぐ経費が数百万になるので

スポンサーさんのお力が支えになったりしますあせあせ(飛び散る汗)


内容として、無茶すれば

終わると、ちょっと休ませてくださーい、と

お疲れ気味になってしまうこともあります



鉄の意思で続けるのは

なかなかに、大変なことなのです



それもあって、ホールのラックに新しいフライヤーが入る度に

頑張ってるなーと思って拝見していました




クリームブリュレ・黒豆アイス.JPG



ある程度の努力を日常化すれば

演奏活動が、軌道に乗ります



お仕事が取れるようになって、キャリアを積んで行って


そのもう一つ先に、分かれ道があります



そこから、さらに上昇していけるか

それとも、頭打ちになるか・・・




ある程度までは、力技でカバーできるんですが


楽器が演奏家の器にそぐわないとか

環境が、練習して準備を積むのに無理があれば


そこから、先に伸びなくなってきます



お仕事先で、残って練習させてもらったりして

カバーなさっているソリストさんも多いですが


ただ時間の制約があるので

いつもとはいかず、ご自分のご予定のやりくりもありますし

深夜はできません


そこで、お受け出来るお仕事の限界が見えてきてしまいます


防音設備の無いアパートで暮らしている場合など

本当に練習に困ってしまうと思います



演奏活動が軌道にのっている演奏家が

さらに次のステージに上がる為に


よりグレードの高い楽器を準備したり

練習にしても、レッスンを行う環境にしても

それらを整えるのが、必然になってくるのではと思います



そこに踏み出すのは

それなりの覚悟がいります


今までの生活と、同じことはできません



その方の、最適解をだせる為に

今後の展望や音楽活動の路線を

どう展開していきたいのかに沿って


何がどのくらい必要で

どういった方法がとれるのか


無理のない、でも可能な限り頑張れるラインは

いったいどこなのか


そこを探し出して、ベストな回答が出せるよう

考えて行くお手伝いが出来ればと思います



なんとなく惰性と、ちょっと諦めの人生ではなくて


心から希望する新しいステージに、自分を引き上げて

より納得と幸せのある選択のためにわーい(嬉しい顔)

Satomi
タグ:SALON
posted by satomi at 19:34| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。