*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2015年11月29日

お客様だったとして


お帰りなさいませ家


お天気も良かったので

穏やかな週末をお過ごしになれましたか?




お陰様でこちらは


演奏だけでも十分濃厚でしたが

さらに本音トーク炸裂の濃厚会議?を行う

とにかく濃い週末でした



濃厚すぎて、バターのように固形になりそうでしたいい気分(温泉)



Tableware 秋の流し.jpg





いま、どんどん新しい技術の開発が進んでいるので

機械が優秀に出来ることはみんな

人が働かなくても済んでしまいます



「だれでもできる、簡単なお仕事です黒ハート


なんて、求人広告みたいな作業内容に

わざわざ人間が要らなくなりますものね


雇用が減れば、仕事にあぶれる人が大量に出ます




音楽であっても

「だれでも出来る」程度の仕事しかできないレベルなら

当たり前ですが、失業していきます



機械ではとうてい出来ない種類とか

高度なレベルの神業的なことを

さらりとやってのける人だけ、残ります




楽してギャラだけ欲しいとか

かったるいとか?

言っていられなくなる時が、すぐやってくると思います



それが分かっている人は

年齢とかキャリアに関わらず


研鑽したり、勉強したり、何らかの準備をしたり

どこか真面目な取り組みが垣間見えます




とは言え、戦力になる人材は

あまりにも少なく

困ったもんだ、というご相談だったのですが



演奏家に関わるエージェントやマネジメントの担当者さんは

どこだって、同じような題材を抱えていますので


頼りになる人材を集める努力をしながら

そこまで育てられそうな人材の育成を

並行してやっていくのが


すぐに対応できる策でしょうか手(パー)




そこで毎日怒っていても、エネルギーのロスで

もったいないです



音楽でない場面だって

10人集めたら、戦力になる人材って

良いところで2人です




どこでもそういうパッキングができるのって

逆に、不思議だなーと感心します


法則にもなってますよね





演奏側の視点から考えると

もっとギャラよこせとか?

そんな感じの話になってしまってたりするんですが



もし、サービスを受けるお客様だったとして

費用を出したいと思いますか?


そういう素晴しい何かを

あなたはどのくらい提供できてますか?



と、考えると

違った姿が見えてきますね



少なくとも

「仕事ないよ」とか「良い仕事よこせ」なる


ちょっと、だれちゃったアルバイトの学生みたいな気持ちで

最低限のやる気のない演奏をしている方達に


もし私が、まったく新規のお客様だったとしたら、ですよ

(感じた事を素直にオーダーできるなら)


一円も払う価値がないと感じてしまいます



そこ頼むぐらいだったら、自分で弾きます

演奏料、セルフで無料(笑)



特に、同業の立場からしたら

絶対に個人的な仕事は、危険なので依頼しません



酷過ぎて、トラブルを起して負債が発生したりするんです


お役に立つからこその「お仕事」なのに

損失を出す人材は、お仕事に従事する価値がないのです



「俺には全く仕事が来ない」と、ぼやく前に

ちゃんと、どんな姿勢でやっているか見つめて


シビアにいうと

「あなたの演奏には、お金を払う価値などないよ」

というジャッジが、周りの全てからなされているからこそ


全く仕事が来ないんですよーあせあせ(飛び散る汗)


という冷静な自分の立ち位置に気付いて

見つめなくてはいけません


(そこからがスタートです)




今、演奏の裏で動いているお金は

いつも数百万とかなので


なのに私はこれしか頂いてない、の発想を持つ前に


自分は、お客様だとして満足できるものを提供できたのか

という視点をなるべく忘れないようにして


あくまで他人事ではなくて、自分のことも見つめて

前進していきたいと思います



というような、濃い案件が5つも6つも議論されました


ほーら、濃厚バターになりましたファーストフード

Satomi
タグ:Talk
posted by satomi at 22:13| Comment(0) | 活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。