*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2015年07月20日

100年先のカフェ・チェアー


サロンの椅子は、納品まで5ヶ月待ちでした


輸入で手作りの曲げ木椅子です



職人が一つ一つ、丁寧に製作するので


統一されていながらも、微妙に個性があって

木目がどれも違って、とても綺麗ですぴかぴか(新しい)



機械的な生産では決して出来ない

「調和と個性」のバランスが好きです



選ぶ時には

いくつか、他の業者さんも渡り歩いて探しました



ピアノ様は、ウィーンのご出身ですので

楽器に合わせて

ウィーンのカフェ・チェアーのイメージで


なるべくお揃いで

デザインの綺麗なお品を扱っているアイデックさんに

注文をお願いしました



三井ホームさん系列でお取引がある店舗です


対応も紳士的で、丁寧な感じが良かったので

選んだ決め手になりました



三井ホームさんを通して、割引きして頂いて

少し助かりましたが

それでも、26万もするのとたらーっ(汗)


しかもキャッシュでお支払いのため

結局、予定の半分しか買えず・・・あせあせ(飛び散る汗)(苦笑)



搬入の際にも、アイデックの方に

“お金が貯まったら、また追加注文します・・・”

と言うと


「はい、お待ちしてます」

ニヤリとされましたけど




当分、ムリだー・・・




Salon アイデック カフェ・チェアー.jpg




デザイナーの松澤さんが、渾身のアイデアを込めて

考え抜いて作ってくれたお部屋ですので

(全部そうなんですけど)



パイプ椅子とか、お安い椅子なんて入れたら


インテリアに合わないどころか

もう痛々しくて、見ていられない状態になるので

うかつに変なものを買えませんふらふら




今、1900年頃のカフェ・チェアーが

アンティークとして、よく転売されています


一脚が、だいたい25000円位なんです


ちゃんと、良いお値段なんです



みんな年季が入って、色合いとか質感も

まさにアンティークらしい雰囲気を出しています


琥珀色のキャンドルの灯りに照らされたら

しっとり良い艶色でしょうね



100年経っても、市場価格が落ちないのは

凄いなと思います



つまり、これから100年後

お家チェアーも、市場でのお取引が

可能なお品でもあると言うことで!



安いお品をすぐダメにして、何度も潰して買いかえるよりは

初期投資で行こうという方針で進みました


長い目で見ると、かえって安く済む可能性があります




それに一緒に過ごす時間が

残念なものになるより


いつも綺麗だね、と言える毎日の方が

ずっと幸せだと思いますぴかぴか(新しい)




問題は、100年後に自分が居るかどうかと言う?



まー、インドの理論なら

2生目で行けるんでしょうけど(笑)

Satomi
タグ:Chair
posted by satomi at 22:17| Comment(0) | Concert Salon
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。