*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2015年02月24日

音楽空間の体験


お帰りなさいませ家


先日、22日には

アコースティックさんのオープンハウスとして

自宅のスタジオを一般開放いたしましたぴかぴか(新しい)




鈴木社長を始め、オフィスの社員さんで

音大を卒業されたり「楽器を演奏できる」主要メンバーの皆様が

お越し下さり、それぞれのお客様のご対応も含め

賑やかな時間を過ごしました




会場の設営で、テーブルや椅子のセッティングなどもあり

早いお時間にお越しいただいていましたが


しっかりMy楽譜を持っていらしたので(笑)

お客様のいない時間に、ピアノに触って自由に弾いてもらいました




音のバランスやら、響きを整えるのは

ベーゼンの専用のテクニックがあり

あとは弾く方のセンスが要るので



ベーゼンだから、必ずしも柔らかい豊かな音色がするとか

天国的な極上の響きがするとか


そういうものではなくて


ただ細心の注意を払ってそのように弾くから、極上の音が鳴るというだけで


下手な方が弾けば、最強の殺人兵器になります(笑)



硬くて耳障りで、力ずくで殴りつけた痛い音がするし

逃げ出したくなる音です



STEINWAYだと、まだかろうじて何とか我慢できる範囲なんですが

これが、BECHSTEINとかベーゼンでやられると

本当に凶悪な音になっちゃって(笑)


聴いている人間も、当然その楽器も、ダメージを受けます



放射能と同じように、目に見えないのでなおさら危険です(笑)




パイプオルガンにしてもそうですけど

素晴らしい楽器と言うのは


「上手い人が弾けば、より素晴らしく聴こえ

下手な演奏をすれば、壊滅的な音楽になります


そのベクトルが、増幅されて響くのです」



「美しいものは、より美しく

下手なものは、より醜く響くんだよ」


・・・て、オルガニストの藤枝先生(武蔵野音大)にもかつて言われました



はっはっはー

なんて笑って聞いていましたけど他人事ではありませんね




そして、国立音大を卒業された社員の箱田さんも

お取り扱いが「難しい・・・」と感想をのべられていました




さて、防音の工事は

それぞれの違った条件のもとオリジナルで作るので

現物ができて初めて、音場の確認ができます




ショールームにも、同じ位のボリュームのスタジオがあって

私もお伺いして、響きの確認などはざっくりさせて頂きましたが



実際のお家に完成した状態で、外にどのくらい音が聞えるか

中でどんな響きになるかなど、確かめられる機会は

なかなかありませんので


それらのお役に立てるよう、解放いたしました





当日にいらっしゃった方々も

目的は様々で、音大生で練習するお部屋を整える為とか


コンクールを色々とお受けになるので

課題の曲が、大きな曲になっていきますから

その練習が十分にできるようにとか



お仕事を終えて、帰宅されてから

ご自身の為に、音楽と過ごす空間をつくるとか


ピアノのお教室の開設で、レッスンしやすいお部屋を作る為とか




同じ、音を出しても快適に過ごせる空間を軸にして

ずいぶん色々な、ご希望があるのだなーと思いました




そんな中で、一番ベストな選択肢が見つかる為の

お手伝いみたいなものでしょうか



そこは、私自身もお家を建てる時に

モデルハウスで見たり、実際に建てたお家の見学会に参加して

ものすごく参考になった経緯がありますから



一般にはなかなか現物確認が出来ない、防音のスタジオとしての

モデルハウス的なご提案として、ご協力させて頂きました




スタジオを作ってみて、毎日音を出して

周りの音楽家と、防音のテーマで話していると


音楽家の現状と併せて、気が付く事が大量に出てくるので


ある程度まとめて、ご提案をさせて頂いているのですが


「お前、営業か?」ですね



そこは、スタジオの取材の時に

ショパン誌の編集長さんからも

いつもの調子でお話していたら


「アコースティックの営業部長か?」

と言われて、笑ってました




ソリューションです!


この辺思いつくのは、もはや性格なので仕方ないです



音楽関係者の実情と提供する内容が、もっと上手く繋がれば

より双方に価値の高い、より素晴しい結果が導き出せるので


改善できたり、発展させる糸口は

見つけようと思えば、見つかると思います



で、そんな分析・ご指摘・ご提案のメールが

知らぬ間に、社内会議の題材になっていたそうで?




やっぱり営業かな?(笑)

Satomi
posted by satomi at 12:06| Comment(0) | Concert Salon
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。