*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2014年11月01日

ここで一句


厚み増す 秋の楽譜に 挑むなり

(何故か俳句です・・・笑)



お陰様で、順調に進んでおります



ヴィーナスの噴水 1.jpg




今週はさらに、どこに行っても楽譜の束本(笑)



すぐに取り出せるように、ジャンル別に分けておいて

それぞれクリアファイルにまとめて入れて

大きく5冊分



それが、どちゃっと・・・厚み8cm



図書館で論文でも書くのかと思うような

楽譜の束を持って歩きますから



それを見るたびに

ソリストさんやら、他の演奏家が



「・・・すごいね」と、言います


まぁ正確には、ちょっとげんなり?



なるべくさらっと笑顔で

“これ、今日演奏する分、全部なの”

とお伝えすると



ぎえぇぇぇ


と言うお顔をされたり



はたまた

「あたし3曲しか歌わないのに

声の調子が良くないので〜みたいな、ぬるいこと言って

すみませんでした、ごめんなさいふらふら


と謝られてみたり




フルーティストさんには


「何かその量を見ただけで、気持ち悪くなりそうがく〜(落胆した顔)


と、言われたり!?




追いかけている音符の量がべらぼうに多いのは

鍵盤の宿命ですけどね


そこは同業はみんな同じです手(パー)




この楽器の、パイプが管楽器の集合体として

ビタッ!!と揃って決まる瞬間を

音楽の中にしっかり作れると


オケみたいに気持ち良く

はたまたカッコよくなるんですが




何かモヤモヤやってると、栄えない演奏してます(苦笑)




最初は音の進行をそれぞれ考えながら

データを頭にインプットしながら、手足を動かしていますが


自分の型ができてしまえば、自由になって

自然なコントロールの中で

気持ち良く演奏できます



まずは、なるべくそこまで落とし込みたいので

毎日ギリギリまで頑張ってみます



カッコ良いと、カッコ悪いが

いつでも紙一重ですね本

Satomi
タグ:organ
posted by satomi at 20:36| Comment(0) | 活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。