*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2014年09月07日

夢の中へ


9月6日は、Bar 「ドランブイ」の開店記念日


深夜までやっているお陰で

本日の最終の予定として、全てのお仕事が終わってから

22:00過ぎ発で、ドランブイにお伺いしました




ドランブイ ピーチとシャンパンのカクテル.jpg





暗く照明を落とした店内で

バカラのグラスに光が当たって

静かに輝いています



「安いグラスと、出しているオーラそのものが違う」

そんな所に、心惹かれてから


いつか自分のお店を出した時に

使えるようにと、集めたオールド・バカラのコレクション



ただ、飾るだけなら誰でもできるけれど

そこに作品のような絶品のカクテルを注げる

梅本さんだからこそ



繊細な光を放つ、そのグラスに

新たな命を吹き込めるのだと思います




自分の大切な宝物を、惜しみなく人の為に使えるのも

かなり凄い事だと思いますが・・・(笑)





今日はお店の内装のお話もお聞きしました


こう言ったものは、全て注文で作ってもらう形になるので

設計の打ち合わせに5ヶ月を要したそうですが


当時、とても楽しかったと仰っていました




自分の温めてきた夢を

現実という形に、鮮やかに変えていく作業ですものね




ここに来ると、慌ただしさも何もかも忘れて

時間が止まるようです



ほのかな明かりと、蝋燭のゆらめく光だけが

暗がりにぼんやりとお店の景色を映し出し



出して下さるメニューは

どれも厳選されたお品なので

美味しく頂けます




最後に、ボギーズ・ソーダをお願いしました



ほろ苦さとともに

すっと鼻の奥に抜ける、花の香り



なんとも複雑に絡み合う味が、どこまでも広がって



その後には、気持ち良さと

ふんわりした幸せな感じが

体を包んでいます




今まで積み重ねてきた一年が

さらに美しく大輪の花を咲かせられますように、と


真紅のバラを小さなブーケにしてもらって

記念のお祝いに、置いてきました





個人で仕事を興すのは

会社のように、守ってくれるものがありません



たった一人で、全てを回して

たった一人で、全てを背負わなくてはいけません




お隣でカウンターに座っていらしたお客様も

記念日なのをご存じで

何か、ボトルの贈り物をされていました





長く、発展していきますように



走り出した夢が

いつまでも確かな軌跡を描いて

続きますように

Satomi
タグ:Night
posted by satomi at 02:06| Comment(0) | 癒しの楽園
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。