*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2020年10月31日

音大の状況


母校のデータでは、だいたい1990年代位が

音大の生徒数の、直近でのピーク時期だったようで

以降はすごい勢いで減り続けています

(校舎を新しくした後には、増えました)


そもそも私大だと学費と、その他の受験時のレッスン代から

必要経費を入れたら1000万はかかりますし


そこに来て、東京に独り暮らしで上京して

さらにそれなりの楽器も買って・・・となると

親御様の出資は3000万とか、多いと4000万近くにも

なっていきますから

ちょっとしたマンションが分譲で買えます


奨学金を使うとか、それがさらに学費免除になるとかは

よほど学年のトップ中のトップで、華々しく成績優秀者でないと

難しいので、大多数は地道にお支払いです


それを考えると、ご家庭にのしかかる

経済的な負担はだいぶ大きいと思います


日展 チェンバロと.jpg


コロナ禍で加速中の出来事に

音大の廃校の動きがあります


もうすでに、廃校が決定して進めている所もありますし

表には出ていませんし出せませんが、経営が大変な状態で

秒読みになっている所もあります


私立の有名音大と言えど、講師は余っている状況で

これは同時に仰られていることではありますが

「そんなに先生要らないだろ?」という関係者一同のコメント(笑)


実務状況を具体的にお聞きすると、もうまるで

教えている実態などありません(苦笑)


そうか、名前だけだね・・・

と言うしかありません


母校の件ではありませんが、各所別の

有名私立音大の、人事の状況のお話を複数お聞きして

講師を積極的に解雇していく方向で進めていますね


学校にとって最大のフラッグシップのポジションにある

大事な先生は、最終的に残りますが


解雇はどんどん動き出しているようです

音大講師で生活の安定を図ろうと、とにかく

籍を置くだけでも〜、との先生方のお話を伺っても


その向きだと、年度末に解雇がどっと来るか

T音大など、突如「もう辞めて頂きたいと思います」

で青天の霹靂で解雇された先生方もいらして


決めるのは人事の関係ですから、要らないものは要らないで

肩たたきトントンで、急にクビになったとして

雇ってもらいたくとも、他の就職先を自分で探して下さいで

出されるだけですからね


「来週は解雇」ぐらいの気持ちで行かないと

講師もダメそうですね

Satomi
タグ:Talk
posted by satomi at 00:00| Comment(0) | 日記

2020年10月30日

対象の内容


コロナ禍で、演奏のお仕事が激減してしまった

音楽関係者のお仕事興しとして

数万から数十万の範囲でのギャランティで

お仕事を作って、収入の足しになるように動いています


日々色々な場所で、各パートの皆さんと

それらの詳しい話題になった時に

内容をお話していますが

いかんせん規模が大きく、全てを賄うことは残念ながら出来ません


一番に優先させて頂いている人選の対象として

まず、お一人で(独身で)音楽活動をされていて

誰かからの金銭的サポートが無いであろう状況で

とにかく頑張っていらっしゃる方


生活の全てを自力で何とかしないといけませんから

収入が途絶えてしまうと、即大変です


(これは配偶者がいらして、配偶者が他の業種であれば

生活のサポートをしてくれる場合があります

その場合は、取り急ぎひっ迫した状況までにはならないと

判断しています)


そして次に、小さなお子様がいらして

大黒柱として生活・収入をしっかりと支える為に

養うご家族の分も、より働かないといけない方


ここに絞って、人選致しました


DSCF7324.JPG
(Museum)


9月から始めていますが

フォーマルな価格設定で行っていますので


世の中が動き出したとは言っても、収入がひどく激減して

困っている所なので、マジありがとうで(笑)泣かれることもあり


十分に活動できる体力や

それなりのお時間があるにも関わらず、活躍できないで

お仕事が無くなることの精神的な不安と苦しさは

心にいつもあると思います


10万の給付金の時に、声楽家さんとのお話で考えさせられた

“演奏すること、お仕事をすることが大事”の考え


ただお金を貰うことは、実は有難味が薄く

そこに価値を見出したり生み出しにくいです


そこにお仕事があって、取り組みの下準備や勉強から始まり

演奏や活躍の場があり、能力が発揮され活躍して

そしてありがとうと感謝されることで、お金を頂く

その構図は、守った方が良いと考えます


金額そのものの収益だけでなく、体験があることが

意味のあるキャッシュフローになると思います

Satomi
タグ:Music
posted by satomi at 00:00| Comment(0) | 活動報告

2020年10月29日

連勤


お仕事止めをしておかないと、次々に追加で依頼が入るので

受けきれない状態になります


一日に時間が調整できて、最大で4件

(朝の7時スタンバイから、最終は23時以降)

にてMAXで入れますが

それ以上は、同じ時間帯のブッキングになるので

何とかしたくとも何ともならないジレンマです


DSCF7286.JPG


絶賛47日の連勤を継続中です

休日が全く存在しなくなって久しい秋シーズンあせあせ(飛び散る汗)


打ち合わせや連絡は、みんな真夜中に突っ込んで

連絡だけ投げておいて頂いていますが

有難いながらも

コロナ関係なしに繁忙期です

Satomi
タグ:Work
posted by satomi at 00:00| Comment(0) | 活動報告