*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2020年09月22日

考えもの


とあるテノールの方が、某申請について

オフィシャルなお仕事をされている男性に

アドバイスを求めて質問していらっしゃいました

(後日、私とも同じお話をしました)


男性は、「その申請は、文化人の生活を

保障するような類いの物では無い」

と、簡潔に回答をされていたようで(笑)


私からも、むしろお金出るからね?給付金じゃないよ?

と、内容もさらに詳しくご説明したところ

「(今の生活じゃ)無理だ・・・バッド(下向き矢印)」と、結論が出ていました


元々、積極的に申請しようとする方用に

やり方の解説とか、ご案内の説明をするのは別ですが

ネット上で、何だか非常に申請をたき付けるような発信を

されている方達もいらっしゃいます


少なくとも、現状の多くの音楽関係者のお仕事状況

経済状況、生活状況からして

多額の資金が流出するのは、首を絞めることでしかないので

向かないと思っています


半年間、ほぼ無職だったような場合も聞きますし

特に演奏家、イベントだけで成り立っている方々は

そういう環境で、また再起しているタイミングですので


多額の資金を吹っ飛ばすのは

今すべきことではないと思います


DSCF8788 (2).JPG


申請が受理されるまで、40〜50日かかっている状態で

それこそ、公演の補填として考えて企画していた場合は

実際に、期日まで間に合わずに公演中止になったり

(本末転倒、というものですね)


7月に申請して、やっと9月で通っても

もうタイムアウトしてしまって

物理的に予定を実現できなくなったケースなどあり

そうして、現在のシステムでは座礁してしまうのです


また現状だと、通るかどうか不明なまま

先に200万を自費のキャッシュで吹っ飛ばさないといけません

駄目だった場合は、200万捨てましたふらふら(苦笑)

という事になりかねないので

今じゃないでしょ!というのは、その意味ですね

音楽関係者にとって自殺行為です


多くの一部前納を希望するケースは

現状で、回すだけの資金が無い事を意味しています

それでは完全に難しい状況で、座礁するしかないのです


ただのギャンブルでしかないので

お勧めしていません


10万位の、ごく少額の申請だったら

まだ補填の仕様もありますが

吹っ飛ばした時の、費用の対処もまた

新たに手を打たねばなりませんので

さらにやる事が増えるのです


実情を見ると、ご相談を受けても

正直に言って「やめとけ」になります(笑)

自殺行為です


200万の借金して、それで回していらっしゃる方も

おいでになりました(ツワモノ?笑)

「こんな事してるの、俺だけだと思うけど」

と、お言葉を添えながら

私と同じことをご説明されていました


それなりの覚悟をするか

もしくは、ネジ2本位すっ飛ばさないと出来ません

ただの自殺行為です

各所かかる労力もなかなか膨大です


30代の年収の平均が、442万です

その年収の半分(税金とか関係なく)を

消滅させるのですから大変だと思いますよ

家庭まで滅びます


だからお勧めできませんし

それらの実情を良く知らないで、気軽にたき付けたり煽って

勧めるのも非常に罪作りだと思います


リアルで必要とされている事と、作ったシステムとのすり合わせは

なかなか難しいですね

Satomi
タグ:Talk
posted by satomi at 00:00| Comment(0) | 活動報告