*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2020年08月31日

楽譜の束


有難くも週5で演奏スケジュールが戻って来て

それに伴って、楽譜の束の製本作業にも追われます


数百ページはあるので、一コマの15曲前後で

最速で1〜2時間は製本に時間が要ります


なるべく切りの良いところで

譜めくりが出来るように、配置を調整しますが


どのみち一曲で、何十ページもあります

譜めくりは演奏しながら、せっせとやらなくてはいけません


DSCF8782.JPG


直接、印刷したものを、郵送して下さる先もあれば

データで送ってくださる場合もあります


困るのは、音符が1mmとか小さいと

譜面台に設置したら、砂嵐にしか見えません

音符の認識そのものが不可能です(笑)


その1mmの音符の軍団が

ヘンレ版(ドイツの出版で、とても見やすい)の

譜割りと同じぐらいの大きさで見られるのを目標に

頑張って作業しています


あまりにページ数が増えても良くないので

兼ね合いです


バッハの楽譜として、受験生の頃から

お世話になってきたヘンレ版

良い感じに片手が空くタイミングとか

フレーズも含めて、とても良く考えて譜割りがしてあります


見やすいからと言え

曲が易しくなる事は、決してないのですが(笑)


音符がハッキリしていると、譜読みが簡単にできるような

気持ちになります(※錯覚です)

Satomi
タグ:Concert
posted by satomi at 00:00| Comment(0) | 活動報告

2020年08月30日

あやす


ことりお嬢さんをお迎えしてから

飼育関係のアドバイスを探して


文鳥を上手に飼っている飼い主さんの

特に良い感じの記事や、写真を掲載される方のものを

良く拝見するようになりました


多くは、毎日が文鳥づくしのSNS投稿になられる訳で

写真や動画に満ち溢れていますね


最近、赤ちゃんが産まれた方で、里帰りから戻って

文鳥と赤ちゃんも一緒に生活するようになり

穏やかで優しい投稿をされる女性がいらっしゃいます


桜文鳥が、赤ちゃんをあやしてくれるそうです


ほの 2020-0505-6 (2).jpg
(こちらは自宅のことりお嬢さん&パートナー様です)


夜に、その飼い主さんと二人きり(一人と一羽)の時間には

手の中にくるまれて、幸せそうにしながら

たっぷり甘えてくるようですが


日中は、赤ちゃんがぐずった時に

文鳥が現れると、100%笑顔になるので

すぐに泣き止むのだとか


どうしようもなくて、困ることも多いと思いますが

そんな風に、小さな“文鳥のお姉さん”が

育児のサポートをしてくれて、愛ですね(笑)


「毎日(文鳥に)助けられている・・・!」

と、綴られていました


凄腕のベビーシッターです

Satomi
タグ:kids
posted by satomi at 00:00| Comment(0) | 日記

2020年08月29日

寝返り音


朝、先にことりお嬢さんが起きていても

適度なスヌーズ機能を搭載しているので

無駄に呼び鳴きすることはありません


お部屋が離れているのに、寝返りを打つ小さな音で

《飼い主、起きて来た?》と、声掛けのピッピが

約7回ほど、探るように始まります


それでも、人間の応答が無いとしばらく無音で

無駄な体力消費を防いでいます


そして、また私の寝返りのタイミングで

声掛けピッピが開始され、適当な回数のピ!を過ぎると

待機モードに移ります


こうして文鳥は、適宜賢さがアップデートされています


ほの 2020-0520-2 (2).jpg


寝返りの規模でいったら、パートナー様の方が

断然分かり易いです


睡眠時の激しいローリングを常とする彼は

壁に激しくぶつかる「ドゴォォン!!」という打撃音や


シェードのカーテンの金属の錘を

木枠に強く打ち付けるほど、三日月蹴りを食らわせて

「グヮシャーーン!!」と言う音を轟かせるので


今、寝返りを打ったのね、と誰でも分かる仕組みになっています


就寝時は、寝室ではなく「打楽器庫」です

バスドラやシンバルの音が定期的に鳴ります

Satomi
タグ:Java sparrow
posted by satomi at 00:00| Comment(0) | ことり