*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2020年05月22日

スクワットのカウント


雨の日でも、屋内でシンプルに出来る準備運動として

10種類のスクワットを、合計10カウントずつ

トータル100回を一緒に出来ますという動画を観ながら

スクワットします


それが1セットで、約8分ほどになりますが

終わる頃には、けっこう汗をかきます


ほの2020-0509-2.jpg
(羽がくいっと折れてますけど、大丈夫ですか?)


どうしてそうなったのかは、分かりませんが

動画のインストラクターのお兄さんのカウントに合わせて

ピッタリ同じタイミングで

沈み込む時に、ことりお嬢さんが「ピ!」とカウントします


動かない時には、黙ったままです


そしてまた、スクワットに合わせて

ピッタリのタイミングで、10回ずつ「ピ!」をしてくれます


何か、ちっちゃいコーチが付いてる・・・?

Satomi
タグ:sports
posted by satomi at 00:00| Comment(0) | Health

2020年05月21日

遅延とカウントダウン


色々なお仕事先からご依頼を頂いて

最終的にそこを通してギャランティを頂きますが


過去には、ご依頼側の倒産だったり

閉鎖(小さなところでは、潰れる)ケースもままあります


そう言ったケースに対処するのも

(決して喜ばしい事ではありませんが)

慣れてくると、雰囲気的にそろそろ来るかなと言うのが

感じられようになります


日展 銅像.jpg


どこでも、事前に出来る組織内での対策としては


本体の体力を温存する為に、直属の社員さんの中でも

ごく主要なメンバーだけに絞って、後の方は

気の毒ですが退職して頂いて、コンパクトになさる方法


そして不動産など、売れるものがあれば

積極的に売ってお金にして費用に充て


オフィスも固定費がかかるので

出来るだけシンプルに、なるべく費用が掛からないようになど

削れるものはどんどん削っていかれます


そして、こちら側に直接関わることで分かりやすいものは

お支払いの遅延が最大のサインです


過去のペースで行くと、概ね遅延が始まってから

約6ヶ月で倒産、または潰れる事が多いです


もし、プールしている金額からお支払いが賄えるのなら

一時的にでも、期日にはそちらで支払いを済ませますが


お支払い期日に少しタイムラグがあったりすると

目先のお金を、別のことに使いきってしまわれる事があります

資金繰りも難しく、プールも底をついている状態ならば

期日に払えませんから、遅延になります


以前は、私的なことで目先のお金を散財してしまって

潰れるような、割とどうしようもないケースの所もありました


そうしたお金にルーズで無計画では、潰れても仕方ないと感じますが

今後は、コロナ関連の資金ショートの問題があるので


ずっと真面目に頑張ってきた所が、苦しい状況になってきていて

辛いものがあると思います

徐々に増えて行くのではないかと思いますので

どうにか上手い事、乗り切って欲しいです

Satomi
タグ:Talk
posted by satomi at 00:00| Comment(0) | 日記

2020年05月20日

演奏上の距離


「いやー、久しぶりに人と話した!(笑)」

と歌い手さんは現れました


家族が一緒だと、幸い自宅でも話しますけれど

確かに独り暮らしだと、会話する機会が減ってしまいますねあせあせ(飛び散る汗)


Hawaii 1.jpg


演奏する距離の調整などもしています


音を延ばした後に、タイミングを合わせて次の展開に行く時

こちらは必ず、合図を見るようにしていますが


あれー、なんか向いても遠い??(笑)

感覚的に、いつもの場所にいらっしゃらないと

ちょっと振り向いて見た位では、視界に入りません


ストレッチする勢いで、首も上体もガッツリ捻りながら見て

やっと確認できるので

今後は、入念なストレッチで「可動域」を広げておかないと

いけないかもしれませんね


これもコロナ対応のオプションか・・・!?

Satomi
タグ:Singer
posted by satomi at 00:00| Comment(0) | 活動報告