*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2020年02月12日

Birthdayと警戒音


忘れてしまうよりは、前倒しで思い立った時に用意しよう計画で

お誕生日までが前倒し(笑)


以前にパートナー様のお誕生日の当日の夜、21:00以降に

帰宅してからはたと気が付いて

しまった何も買って来ていないと思っていたら


それを見越して、ご自身でおめでとうプレートを付けて

ホールケーキを持参して深夜に帰ってきたという年がありましたあせあせ(飛び散る汗)


あと一週間だ、など油断していると結果スルーして良くないので

思い立ったらすぐ行動として

先におめでとう会をしました


DSCF8794.JPG


まずは、キャンドルを立てて

お部屋を暗くして・・・とそこまでは良かったのですが


細いキャンドルに一本火を灯して、消えないようにゆっくりと

運んで来たあたりから、ことりお嬢さんが暗闇の中で

《ゲッ!ゲゲッ!ゲッ!》と文鳥の警戒音を出しています


初めて見る炎に、本能的に危険を感じて

警戒音を出したようなのですが


セットし終わる頃には、未確認の炎という危険な物体に

警戒モードから、避難勧告に移り変わったもようです


中でバサバサと暴れ始め

もうバースデーどころの騒ぎではなくなってきたので

速やかに消灯!


DSCF8797.JPG


暗闇の向こう、鉄格子にうっすらと浮かび上がる亡霊、文鳥

おめでとう感よりも、ほとんどホラーのようになりました


恐怖の誕生日のご参加お疲れ様でした

Satomi
タグ:Java sparrow
posted by satomi at 00:00| Comment(0) | 癒しの楽園

フルートとハープ


音色の印象として、合わせる楽器によって風合いが違います


ピアノはかなりオールマイティに演奏の出番があり

一人で編成が賄えてしまうので

本来は大きな編成のものですら、ピアノに編曲しておけば

最小で演奏の構成を作れます


そのお陰で、正に全ての種類の楽器のソリストさんの

最もコンパクトな演奏パートナーになりうる訳ですが


鍵盤楽器でフルートと合わせる際に、セレクトできるのは

現状だと、ピアノかパイプオルガンかチェンバロです


オルガンだとフルート管だけを使って

編成大き目のフルート・アンサンブルのような音作りをして

演奏するのが、音色が馴染むので好きですね


曲目によってなので、用途に合わせて変えて行く必要がありますが

コントラバスフルートで演奏する音域も

足鍵盤なら、苦しくありません(笑)


電気の力で、大量の管に自動的に息を送ってもらってます


DSCF8692.JPG


音の印象として、個人的に

フルートとハープの取り合わせも好きで

まるで夢のように響くので、素敵だなと思いますね


チェンバロはプレクトラム(爪の部分です)で撥弦するので

ハープのようにまろやかな音ではなく

よりキリッとした発音になります


ちょうどフルーティストさんが、お仕事によっては録音を伴奏にして

吹かなくてはいけないのがちょっと辛いのよねと話している所から

楽器の音色の違いの話題になったのですが


ハープとフルートは、音とても合うよ〜

と、ハープいいね話へと進み


得てして、こちらの音色選択もいつもより柔らかめの

セレクトとなりました

Satomi
タグ:Fl.
posted by satomi at 00:00| Comment(0) | 活動報告