*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2020年02月20日

それもピアノ科らしい


演奏家の知人の事が、別の方のブログの素敵なネタになり

(多分面白かったのでネタにされた、と言う事でしょうか?笑)

演奏の合間に皆さんとお食事をしている折に、その話題をお聞きしました


ご丁寧にドーンと顔写真まで記事にアップされていたので(笑)

ご了承済みなんですね


告白のお話でした


DSCF7530.JPG


猛スピードでご説明をすると


長年にわたり、ずーっと片思いをして来た大好きな子に

受験が終わった瞬間、思い切って

6年間温めて来た想いを告白したそうです


結果は、彼氏がいるからダメだったのですが


その時点で彼氏とは、もう破局間近の残念な状態で

かえって女の子の方から「今度、お食事でもどうですか?」と

嬉しいご提案で、誘ってくれたそうなのです


もしかしたら、セカンド・チャンスかもしれない!


・・・にも関わらず


演奏家さんご本人は、長年温めてきた「告白」を完了した

清々しいまでの、大いなる達成感と

舞い上がったお気持ちで胸が一杯になり


めくるめく溢れる想いで、アツい情熱に駆り立てられ

「ショパンのエチュードが弾きたくなった!」と

ピアノを弾きに、サッサとお帰りになったそうで(笑)


勿論、取り残された女の子とは、それ以降は関わる事も無く

告白のイベントは静かに幕を閉じたとのこと


まぁ、気持ち的に弾きたくなるのも

とても良く分かりますね


あぁ!今のこの溢れる想いをピアノにぶつけたい!

・・・って言うのが、見事に優先しちゃったんですね


次は、ピアノの置いてあるところで告白すると

良いのかもしれませんかわいい

Satomi
タグ:Piano
posted by satomi at 00:00| Comment(0) | 活動報告

2020年02月19日

お肉の報告


“あー近い、近いよ〜”と言っても、ことりお嬢さんは接近

近すぎてピントが合いません

ほの 20-2-18 2.jpg
(あなたのハートも覗きます)


夜に、お食事でお肉がモリモリ食べたくなった

パートナー様から連絡が入り

お店を予約していてくれました


出掛ける際は、お留守番になってしまうことりお嬢さんに

いつも優しく声を掛けてから、外出するのですが


私がお仕事の大きな荷物を置いて、出掛ける準備をしている横で

彼はケージのことりお嬢さんに向かって


「これから、トリ肉を食べに行ってきますよ」

と、静かに報告しています


・・・


カテゴリー的には、文鳥もトリ肉では!?

Satomi
タグ:Java sparrow
posted by satomi at 00:00| Comment(0) | 癒しの楽園

2020年02月18日

Terima kasih


しばらく前に、インドネシア語を一つ覚えました

ありがとう!が「Terima kasih!」


バドミントンで、ビギナーの練習時間に参加しまして

最初の2時間は、私以外が全員中国の皆さんでした

(日本在住の皆さんで、コロナウイルスは大丈夫です)


周りで交わされる言葉が、全部中国語なので

40球ずつ打って交代、という時の数のカウント

(イー、アール、サン、スー)の最初の方だけは

中国語が分かりましたが

もうそれ以外はまるで詳細不明(笑)


それでも、和気藹々と楽しく笑いながら

ヘトヘトになりながら、励ましながらできるのですから

スポーツも、言葉が不明でもコミュニケーション取れますね


DSCF8790.JPG


その後は、試合練習でインドネシアご出身のお二人に

お世話になりました


まるで知りませんでしたが、インドネシアでは

バドミントンは国民的に大人気で流行っているスポーツで

ほぼ国技状態だそうです


初めてオリンピックで金をとったのも

バドミントンだとか


お陰様で、いつもの日本人の上手なお兄さま方や

(スマッシュ打ちまくっていらっしゃいました・・・笑)

人数的にはレアな、機敏でスリムなお姉さま方に

盛大にご迷惑をおかけするのと同じように

ビギナーがお付き合い頂いて、すみませんという状態なのですが


それでも、ヒョイヒョイと軽いフットワークで

楽しそうにやっていらして

言葉は、あんまり関係ない感じですね


何度かお会いしているので

ちゃんとインドネシア語の「ありがとう」は覚えました


皆さんが参加しやすいようにと、率先して裏方を

買って出て下さるリーダや


コーチを無償で引き受けて下さる

教え上手のバドミントン歴きっと25年位?(想定)の

メイン・メンバーのお兄さまのお陰で

良い感じにメンバーが集結していて素晴らしいです


「うわー、最近インターナショナル!」と

楽しそうにされていて

お陰様で、和気藹々としていて楽しかったです

Satomi
タグ:sports
posted by satomi at 00:00| Comment(0) | 日記