*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2020年01月14日

第九の裏事情


日本で年末に第九をやるようになったいきさつのお話で

これは、普通に考えてもそうですねと納得することで

あえて日常的な話題に出る事もありませんが


仮に合唱団で100人、オーケストラで100人

と言う規模で出演者がいるとしたら

お一人当たり知人やご友人をお呼びになったとして

3人ずつでも600人お客様がいらっしゃる

5人にしたら、1000人です


市民会館規模のホールなら、埋まりますから

運営側としては、年末の素晴らしい収入源イベントになる訳です


・・・と言うざっくりした内容を

黒柳徹子さんが、第九公演のゲストのトークでも

お話になっていたことがありました


IMG_20161224_112736 (2).jpg


そしてそこで問題になってくるのは

天性のトーク能力をほしいままに発揮されている

あの素晴らしい黒柳さんですから


一度、マイクをお持ちになって明るく喋り始めたら

それこそ未来永劫に渡って、お話をお続けになる事など

赤子の手をひねるほどに、たやすい事です


当日の大ホールのお高い貸館状況なんて軽く超え

「閉館時間」という世の中の施設の、お堅い決まり事などは

一瞬で超越してしまえる輝かしい勢いで

ダダダダダダ!とお話が出ていらっしゃいます


いつブレスされてる?循環呼吸?

と気になるほど、もう膨大なネタが尽きないその宝庫に

凄いなと思うばかりです


恐らくタイムテーブルで10分以内の枠だろうと推察しますが

そこを、すでに35分のオーバーになって来て

止まらないF1マシンのごとく

トークセッションを続けていらしゃいました


これだと、このあとフルで第九を演奏したら

だいぶ予定がオーバーしますね・・・

終電が厳しくなるお客様も出て来るんじゃないかしら?


とは言っても一番聴きたいのは、最終楽章だから

そこを逃したら第九の醍醐味が薄れちゃうかな

と脳裏によぎり始めた頃


その日は、佐渡さんが指揮をなさっていましたが

「すみません、もうこの辺で演奏はじめさせて下さい・・・!」

と強制ストップが入りました

(しかも何度か入っていました。笑)


ピットインのフラッグが出ても

決して戻らないと言う選択肢を取るほどの

トークの走りを観ました

Satomi
タグ:Concert
posted by satomi at 06:00| Comment(0) | 活動報告

合唱団の旗揚げ


良く演奏をご一緒するバリトンの声楽家さんが

別件で、合唱団の旗揚げ公演をご準備されています


作品のソリストを務める声楽家さん方も

日頃から良く知る、40代中心のプロの歌い手さんで

美しい声の方達です


ホールは背面に大きなパイプオルガンが入っている所で

当日はそれもお使いになって演奏をする予定との事で

面白そうですね

(私は団に参加しておりませんので、応援だけですが・・・)


現役世代で一般のお仕事をされていてる

40〜50代の方達が、主な団員のメンバーさんで


合宿までなさったり、パートごとの自主練も積極的で

歌いたい!というエネルギーが満ちているようですね


IMG_20161218_141017 (2).jpg


気付けば70人ほどに拡大したご様子で

それをまとめていくのもご苦労が多いと思いますが


むしろ団員さん方の方からの積極的な働きかけが

発足のきっかけになっていたようですね


「先生(バリトンの声楽家さん)と、勉強をしながら

歌って行きたい!」と希望なさるメンバーが多く

そのバリトンの声楽家さんの人柄と、確かな指導力が

とても素晴らしくて


何かの形で是非とも継続がしたいと

合唱団発足のお話につながり、動き出したようです


数年がかりでの公演のご準備になりますけれど

団員さんの熱意は、ホームページにもだいぶ表れていて(笑)


“HPを拝見したら、何だか熱意に溢れて凄いことになってますね〜”

とお伝えすると、ご本人は笑っていました


この指とまれ形式で、立案した企画を形に成す方向もあれば

こうして周りの方達の、大きなお引き立てがあって

是非ともお願いします!と動き出す方向もあります


普段から優しくて落ち着いていて

穏やかなバリトンの声楽家さんらしい

愛されキャラとしての結集だなと思いましたわーい(嬉しい顔)


世の中、この人が好き!!というので

ポジティブに動いて行きますからね


大勢のメンバーさんに好意・好感を持って頂いて

本来の一時的なイベントだけでなく

是非あなたと一緒に音楽をしたい!続けたいという

土台まで出来るのですから素晴らしいです


指導力の方は、長年の勉強などから形成していきますが

人柄が素敵で好感があるのは、個人のことですからね


この日は自分の方の演奏が終わってから

本番に向けてのご準備で、重責に毎晩うなされている?

そのバリトンの声楽家さんに、頑張ってね〜と握手して

(あちらの方が先に上がりました)送り出しました


もう動き出してしまったので

大変でも本番まで一生懸命頑張るしかないですね

チケットもほぼ完売らしいので(笑)後には引けません

Satomi
タグ:Talk
posted by satomi at 00:00| Comment(0) | 活動報告