*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2019年12月31日

平安装束の展示


忙しすぎて眩暈がしそうな感じですが

少しでも、お正月に向かう気分を上げる為に

平安装束の展示のお写真です


十二単が雅ですね


DSCF6856.JPG
(三重県にある、ミュージアムです)


お陰様で、イベント時期はお仕事が盛りだくさんで

お正月もまるで無く、28日間の連勤がやって来ます


思えば実家の稼業も、お正月はスーパー繁忙期で

それこそ生まれてこの方、お正月がしっかりとお休みだった事が

一度も無いかも?というのに、はたと気が付きました

(今頃・・・笑)


世の中の店舗が、2日から通常営業になっていると

店員さん達は、年末年始にゆっくり休むことも出来なくて

帰省も出来ないでしょうし、気の毒だなと思いますが

考えたら、人の事を全く言えないですね(笑)


とは言え、子供の頃からその猛烈に忙しい瞬間を

誰か親切にお手伝いして下さったり、一緒に頑張ったり

その年その年に、良かった思い出があります


お仕事を下さるのも、実際に有難いことですから

決してハードなだけではないですね


と言う訳で、楽しんで頂くために頑張ります

Satomi
タグ:Museum
posted by satomi at 03:00| Comment(0) | 癒しの楽園

好きですとありがとう


感情の根本に、偽りなく正直に行動するのが

動物の生きるという事なのかもしれませんね


好きな人が、心から好きだと正直に表現する

絶対的な好意を表す姿を、小さな動物の中に見る時に


人間は、その大事なチャンスを逃したまま

時に、出会って過ごしていられる大切な時間が

気付くと、いつの間にか終わってしまう事も

あるのかもしれないなと思います


DSCF7382.JPG


この人が居てくれたお陰で、というのがあって

本当にありがとう、と言えないまま終わってしまったら

ずっと心残りになります


言葉に表現するのは、気恥ずかしいこともあります

言わなくても何となく伝わっている時もあります


どこでどんな風に好意を持ってもらっていたのか

どれだけ感謝してくれていたのか

知らないまま、知らせないままよりは


言いにくかったり、気恥ずかしいことを越えて

しっかりとお伝えすることが出来た方が

お互いに大事な節目を迎えることが出来るのかもしれませんね


お仕事柄、プロポーズの場面なども身近なのですが

どれだけ大切に想っているのか

どれだけ誠意をもっているのか

普段、あえて表現しない想いの中心を目の前に広げて


ここに一緒に居てくれて、ありがとう

これからも、ずっと側にいて歩んで欲しいですと

力強く、お伝えする場面があります


儀式的な意味を越えて

そうして確認し合えるのも、素晴らしい事だと感じます


大事に想っていることも

感謝している事も、好きであることも


何年も連れ添ったご夫婦の間柄や

何年もお仕事を共にこなしてきた仲間や

プライベートを支えてくれる友人や

無欲に捧げてくれたご家族など


自分の身の回りに、確かにある大切な存在の

その方へ


ハッキリと言葉に乗せて、表現されると

お互いにとって、大事さを確認できる

素晴らしい節目になるかと思いますねわーい(嬉しい顔)


年の瀬です


実りある時間をお過ごし下さいね

Satomi
タグ:word
posted by satomi at 00:00| Comment(0) | Messenger

2019年12月30日

ナチュラリスト


自然主義者とは

「倫理学で、善や規範を超越的な原理からではなく

感覚的経験から導出する説」とあります


お家の“ナチュラリスト”が

日を追うごとに、行動範囲を広げています


文鳥の求愛の行動の一つで

どうも巣作りの行動を始めていて

人の衣類をぐいぐいと引っ張っては、巣の設営に勤しみます


ことりお嬢さん、いったい誰と誰の巣を作るんですか?

私の服で・・・


穂乃香3 (2).jpg
(女子らしく、カメラ目線)


《とにかく、どれかPCでも開けて、文鳥の動画を見せて!》と

「画面の向こうのおともだち」に会いたい時に

飛んできては、超高速くちばし連打をお見舞いするので

何か流しておくのですが


動画も気に入ったり、そうでも無かったりですね

その都度自由に過ごしていて

テリトリーの場所も、日々変化しています


パートナー様のスマホは専用運転のために

鳥は貸してもらえないのも理解しているようです


文鳥仲間を鑑賞しているところ、こちら人間が作業するのに

パチパチとタイピングを始めると、今や本気ギレするため

事務作業の妨げになる場合もあります

(ことり的には、鑑賞の妨げ?)


何となく収集が付かなくなってきたら

パートナー様にお引き渡しの上

上手に強制帰還をしてもらいます


でもやっぱりそれでは

大好きな人間の近くに居られないのもあり

何度でも、お出ましになります


脱出不能にしておかないと、自身で繰り返し出て来ますので

求愛を伴う?不屈の脱出精神ここにあり・・・


愛はゲートを越える


穂乃香7 (2).jpg
(ももひきがチラ見えですよ)


文鳥を見ていると行動の全てが

その時々の自然な感情に従っています


行きたいところに行き、食べたい時に食べ

気に入らなければ全力で怒り

好きならベタベタして、寂しければ呼び鳴き

嬉しければ歓喜のピッピです


好きなものは、大好きな表現(熱烈)

嫌いなものは、大嫌いで威嚇か攻撃(激しい)


もう見事にハッキリしていて

こうやって、自分の根本に正直に生きていたら

ストレスも溜まらないのかもしれませんね


(ただ、これを人間界でやったら、社会生活的に

だいぶエライことになりますけどね・・・笑)

Satomi
タグ:bird
posted by satomi at 00:00| Comment(0) | 癒しの楽園